« エコマル通信10月号 | トップページ | 今週の入荷予定 »

2006年10月 7日 (土)

山梨・大泉ってこんなところ

ぼくはパペットの猫。

P1010620_1

ここパペットカフェ&ガーデンは大泉の森の中にあるペンション。

P1010623

なぜかスピリチャルな人が集まってくる「気」のいい場所。ベッドに入ると、泥のように眠る人が多いらしい。気のいいオーナー夫婦は、まさに「旅の水先案内人」なのです。

店主が長崎出身で「豚の角煮まんじゅう」が自慢。皮付きの豚をわざわざとりよせて作る角煮はトロリとしたホンマもんの味。

大泉は清里と小淵沢の間にある八ヶ岳南嶺の人気スポット。おいしいところ、こだわりの店は色々ある。

体験済みのところを少しずつ紹介してみましょう。

バックハウスインノは石釜で焼くパン屋さん。

P1010607

小麦を自家栽培し、挽き、丁寧に焼く。焼ける量は日に数本と限定量。しかし、いくら大飯ぐらいとはいえ、そんなに色んな種類のパンは食べられない。なので自慢のパン数種のスライスとスープ、サラダ、コーヒーなどがつくランチはおすすめ。

P1010604

カンパーニュ系のパンのスライスを4~5枚ほど食べるとお腹はいっぱい。けどおいしくて食べてしまう。ついてくるハムやチーズも美味で、思わず聞いてみると、ご近所の「ハム日和」さんとのこと。場所を聞いて早速行ってみる。(フットワーク軽~、というかまだ食べるか!)

クリーニング屋のような狭い店内。店というより、加工所だからしょうがないか。

試食で頂いた「ベーコン」がすごくおいしい!

しかし、保冷バッグを持ってなかったので、これまたすぐに食べることに。

P1010612_1

店の前でかぶりつきっ、失敬。

今度は保冷バッグ持って行こう。

山梨は旨いパン、乳製品、肉製品、野菜にはことかかない。いいところだ!

|

« エコマル通信10月号 | トップページ | 今週の入荷予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115234/12185295

この記事へのトラックバック一覧です: 山梨・大泉ってこんなところ:

« エコマル通信10月号 | トップページ | 今週の入荷予定 »