« リブレフラワーで麺打ち | トップページ | 清里の「心と身がよろこぶ」ケーキ »

2007年2月24日 (土)

リブレ麺とカムジャタン風スープ

Photo_97

先日の「リブレフラワー麺」のつけ汁として作りました。

超簡単!カムジャタンですが。

出汁(スープの素でも)1リットルに豚小間肉170g(1PC)入れてぐつぐつ煮る。

玉葱大1個回し切り、すりえごま(白すり胡麻でも)、にんにく2カケと生姜20gをすりおろして入れて煮る。

ゆでて皮をむいたジャガ芋、コチジャン大さじ2くらい入れて煮る。

味が足りなければ、味噌で味を調える。

青菜をのっけてできあがり。

本来は、韓国の料理で豚の背骨でスープをとった、「ジャガ芋鍋」。

カムジャ=ジャガ芋です。

骨についた肉と、スープの染みたジャガ芋をハフハフ頂く。

骨から出るスープが老人や病人の治療に役立ったそうです。

なんだか、湯気の向こうに韓国の食卓が見えてきそうですね。

あっ、小間肉じゃちょっと滋養なさすぎ?!

でも、生姜とにんにくと唐辛子をたっぷり入れましたので体はポカポカ。

日々の料理に変化をつけたいとき、こんな料理もいいかもしれません。

(ベースはカレーです。ルーを入れればカレー)

P1020003

コチジャンを買った日に、何気なくNHK「今日の料理」を見ていたら、

「手作りコチジャン」

でした。

あ~、

後藤さん(NHKのアナウンサー)早く言ってよ!買っちゃったよ!

翌々日、店に来たお客様とお料理の会話になり、

お客様:「私もいろいろ手作りしますよ」

お客様:「コチジャンとか」

お客様:「麦味噌と三河みりんでコチジャン作るとお砂糖いらないですよ」

わたし:「えっ、コチジャンっ!(なぜここでコチジャン!)」(驚き、店長と顔を見合わせる)

と、なぜかアドバイス頂きました。

へっ、私の顔に「コチジャン」て書いてあった?

微妙なシンクロにちょっとうれしくなりました。

|

« リブレフラワーで麺打ち | トップページ | 清里の「心と身がよろこぶ」ケーキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115234/14019503

この記事へのトラックバック一覧です: リブレ麺とカムジャタン風スープ:

« リブレフラワーで麺打ち | トップページ | 清里の「心と身がよろこぶ」ケーキ »