« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月25日 (水)

秋田 天然もの山菜市

Photo_113

毎春恒例、エコマルシェ・秋田天然もの山菜市第1弾!

4/28(土)午前10時頃から売り切れるまで、開催します。

たらの芽、フキノトウなど、春の山の恵みを感じてみませんか。
もちろんすべて天然物。店長の友人、河田くんが山に分け入り、とびきりのものを採ります。

今回の品揃えは下記のような感じになると思います。

たらの芽 (\1200/200g・10個くらい)
ハリギリ (\1000/200g・10個くらい)
フキノトウ (\500/100g・10個くらい)
こしあぶら (\400/100g・両手の平くらい)
ヤチアザミ (\400/100g・両手の平くらい))
葉わさび (\600/200g・軽く1束くらい)
カタクリ (\400/100g・片手で握れるくらい)
行者ニンニク (\700/100g・片手で握れるくらい))

各山菜のもうちょっと詳しい情報は、こちらの「案内書兼注文書(「070428.doc」をダウンロード )」もご参考下さい。

天候等の理由により入らない物もあるかもしれません。価格も予定価格ですが、これよりは高くなりません。

あと食べ方など書いた、こちらの「ご案内①(「07042801.pub」をダウンロード )②(「07042802.pub」をダウンロード )」も当日お渡ししますので、各自お楽しみ下さい。

お取り置きをご希望の方は、明日26日夕方くらいまでにご連絡いただけますと幸いです。
なお生鮮品のため、お引き取りは当日でお願いいたします。

では、皆さまのお越し、ご注文を心よりお待ちしています!

P1000396

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

Sunday百姓2

P1020483

1週間ぶりの畑。

裸地だった畑に、裏の雑木林から落ち葉を運んでのせ、その上に風で飛ばないよう、腐葉土をぶちまけました。

見た目はまるで自然農法のようです。

「土に還らない資材は使わない」

「無肥料無農薬」

という店長の強い意志と素人の怖い物知らずさで進んでいきます。

今日は隣のおじさんにもらった、とうもろこしの苗とねぎの苗を植えました。

P1020480 P1020482 とうもろこし

        

                            ねぎ

先週植えたジャガ芋は、全く動きなし。

ちゃんと根付いてくれたのでしょうか。

久しぶりに雑木林に入り、童心に帰って落ち葉集めをしました。

雑木林の中は朽ちた落ち葉や枯れ木が重なり合い、土を温めふかふかな黒土を作り、豊かな自然が作られています。

今更ながら、「腐葉土」の本当の意味を知ったような気がしました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

今週の入荷予定

4月26日(木)入荷予定

※誠に勝手ながら4月29日~5月6日までお休みを頂きます。

※今週4月28日(土)は恒例の「山菜市」を行います。詳細は追ってアップします。

●寺井三郎さん(千葉県・銚子)
大根/無・無(本)
キャベツ/減・無(1個)
サニーレタス/無・無(1個)
ロメインレタス/無・無(1個)

●岩崎農産(静岡県)<無農薬無化学肥料栽培>
ブラウンマッシュルーム(100gP) \250
ホワイトマッシュルーム(100gP) \250
小ネギ(1袋) \200
春菊(150gP) \200
えんどう豆(100gP) \200

●無肥料・無農薬栽培の野菜
人参(1kg)
トマト/中玉(1個)
きゅうり(1本)

●その他の野菜・果物
新じゃが芋/減・減(1kg)\300
新玉ねぎ/減・減(1kg)\300
美生柑/減・減 (1個) ←和製グレープフルーツ
 
●松井堂のパン(千葉県鴨川市)
鴨川あんぱん \150
むしパン\150
こだわり食パン \240
玄米食パン \290
ぶどうパン \240
木の実ブレッド \490
グリーンレーズンブレッド\430
いちじくパン\490
七穀パン\430
ステイスリム\420
シナモンレーズン\420

●大桃豆腐(東京・池袋)<国産大豆と海水にがり使用>
※豆腐作りにかける情熱が熱い!大桃さんの豆腐。美味しいです。
池袋木綿とうふ(350g)\230
絹とうふ(350g)\230
寄せとうふ(350g)\230
油揚げ(2枚)\200
大判がんも(1枚)\200
玉がんも(5コ)\200

などなど、皆さまのお越し、ご注文をお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコマル通信4月号

エコマル通信4月号をPDFファイルにて公開いたします。

店外のチラシ棚には「紙」の通信を置いてありますので、お近くにお寄りの際は気軽にお持ち下さい。

エコマル通信2007年4月号のファイル

1ページ(「070401.pdf」をダウンロード

2ページ(「070402.pdf」をダウンロード

3ページ(「070403.pdf」をダウンロード

4ページ(「070404.pdf」をダウンロード

ご覧いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

Sunday百姓始めました

Photo_106

店長が、まだ現役バリバリ有機JASの検査員のころ、帰ってくるなり、いつも言うのは、

「このままでは、日本の農業はだめになるぅ~~」

「今に国産の野菜はなくなるぞ、家族の分だけでも作るぞ」

と鼻息荒く、農家の高齢化、後継者不足を目の当たりにしていたが故切実に考えていたのでしょう。

頭の片隅に、「畑」のことはいつもありましたが、月日が流れ、ひょんなことから始めることになったのです。

場所は千葉県野田市。あっこの実家のそばの家庭菜園の1区画。

東京から車で1時間弱。お気に入りのCDを聞いて、鼻歌でも歌ってるうちについてしまいます。

スイスイ、ス~ダラダッタ、スラスラス~イス~イ

(このころ、植木等さんのCDがマイブーム)

渋滞の都内を移動するより早い。

Photo_107

早速畝作りから開始。全く農作業をやったことがない2人。

あっこは、この後鍬を足にぶつけてました。(あぶね~)

Photo_108

なんとか畝を作成。

遅ればせながら、ジャガ芋を植えました。

Photo_109 アンデスPhoto_110            男爵

Photo_111 伊藤ヒデさんのジャガ芋

(できるのか?)

ジャガ芋は1個植えると、10倍だそうですよ、うっひょ~い!

帰りに流山街道沿いの「たけだ」という手打ちそばやに寄りました。

P1020455

(JOIA会員関口さん推薦)

P1020456

頑固親父と、ちょっとおしゃべりなおばさんの自宅を改造したと思われる店。

そばは、おじさんに似て、コシのある旨いそば。甘くない辛めのつゆが気に入りました。

Photo_112

都内の家庭菜園はいっぱいですが、ちょっと足を伸ばすと土地はたくさん余っているそう。

何よりもうれしかったのが、今まで除草剤を撒いていた土地が畑に代わったということ。

ホントに小さい場所ですが、その場所だけでも除草剤から救ったのかと思うとなんだかとってもうれしい。

イベントではなく、自ら進んで手にとった鍬は眠っていたDNAを呼び起こすかのようです。

今年からこのほ場は無農薬無施肥栽培です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

今週の入荷予定

4月19日(木)入荷予定

●寺井三郎さん(千葉県・銚子)
大根/無・無(本)
キャベツ/減・無(1個)
サニーレタス/無・無(1個)
ロメインレタス/無・無(1個)

●岩崎農産(静岡県)<無農薬無化学肥料栽培>
ブラウンマッシュルーム(100gP) \250
分葱・わけぎ(150gP) \200
小ネギ(1袋) \200
春菊(150gP) \200

●無肥料・無農薬栽培の野菜
人参(1kg)
トマト/中玉(1個)
きゅうり(1本)

●その他の野菜・果物
新じゃが芋/減・減(1kg)\300
新玉ねぎ/有機(1kg)\300
生姜パック/減・減  \250
美生柑/減・減 (1個) ←和製グレープフルーツ
 
●松井堂のパン(千葉県鴨川市)
鴨川あんぱん \150
むしパン\150
こだわり食パン \240
玄米食パン \290
ぶどうパン \240
木の実ブレッド \490
グリーンレーズンブレッド\430
いちじくパン\490
七穀パン\430
ステイスリム\420
シナモンレーズン\420

●三之助豆腐(埼玉県)<国産大豆と海水にがり使用、こだわりの絶品豆腐>
特選三之助(400g)\378
ふわふわ(200g)\263
油揚げ(2枚)\210
きざみ油揚げ(1袋)\210
京がんも・牛蒡入り(3コ)\252
こんこん(2コ)\368

などなど、皆さまのお越し、ご注文をお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

4月の魚市

今週4月21日(土)は恒例の魚市を開催致します。

時間は午前10時位~売り切れ(正午位)までです。

魚屋の栗ちゃんが当日早朝に築地で仕入れる、おいし~い魚が並びます。

栗ちゃんの軽妙なトークも楽しみのひとつ。

お時間がありましたらぜひお立ち寄り下さい。

●栗ちゃんの魚市入荷予定

生、または冷凍マグロ/1作 ¥2000 今や貴重なまぐろ

4_2
(写真は2作です)

活あさり/250g ¥450大きめで旨い。酒蒸し、ボンゴレ

刺身用ホタテ/1PC¥480

2_1

甘塩鮭切り身/1切¥200 

生ひじき/250g¥350 酢の物、炊き込みご飯に

1_2

子持ちししゃも/1PC¥350

さば文化干し 1枚 ¥380

あじ開き 1枚 ¥250

人気の「手作りさつまあげ」は春、夏はお休みです。次回は9月入荷予定です。ご了承のほどお願い致します。

皆さまのお越しをお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

戻ってきた大桃豆腐

P1020381_1

池袋の大桃豆腐が戻ってきました!

旨み十分国産大豆、一回、一回の気合いが勝負の天然にがり。

職人魂を感じさせる味わいです。

木綿(\230)は柔らかいのに、大豆の力強い味に圧倒される味わい。

絹(\230)は大豆の甘みが押し出された、プリンのような、デザートのような味わい。

P1020367

こちらは大がんも(\200)、小がんも(\200)

人参、牛蒡、れんこん、昆布、山芋が入って味わい深い。

煮ると味が出ておいしいし、焼いて、醤油でジュッも美味し。

ベジタリアンの方は、バーガーにいいかもね。

カリカリに焼いたがんもと、胡麻ダレに、新玉葱の輪切りをパンにはさんでパクつきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月10日 (火)

今週の入荷予定

4月12日(木)入荷予定

●栃木の有機野菜<有機栽培>
新玉ねぎ(1kg)
大根(1本)
かぶ(1束)
ラディッシュ(1袋)
玉レタス(1個)
ほうれん草(1束)
サラダほうれん草(1束)
小松菜(1束)
ミニトマト(1袋)
アスパラガス(3本)

●無肥料・無農薬栽培の野菜
※ジャガ芋、今週はお休みです。ご了承下さい。
人参(1kg)\300
 
●松井堂のパン(千葉県鴨川市)
鴨川あんぱん \150
むしパン\150
こだわり食パン \240
玄米食パン \290
ぶどうパン \240
木の実ブレッド \490
グリーンレーズンブレッド\430
いちじくパン\490
七穀パン\430
ステイスリム\420
シナモンレーズン\420

●大桃豆腐(東京・池袋)<国産大豆と海水にがり使用>
※豆腐作りにかける情熱が熱い!大桃さんの豆腐。美味しいです。
池袋木綿とうふ(350g)\230
絹とうふ(350g)\230
寄せとうふ(350g)\230
油揚げ(2枚)\200
大判がんも(1枚)\200
玉がんも(5コ)\200

などなど、皆さまのお越し、ご注文をお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

天晴れ!井上スパイスカレー祭り

1_1 

4/1(日)東京は桜が満開。

ここ、上尾も桜が満開。「井上スパイス工業」でカレー祭りがありました。

上の天晴れな男性は井上社長です。知らなければ、ただのテキヤのおじさんです。

「さあ、さあ、寄ってらっしゃい、見てらっしゃい~。」

威勢のいい口上とともに、日本のスパイス「七味」の口上販売。

3_1

「胡麻は川越、山椒は飛騨高山、唐辛子は・・・」

作ってもらった特別七味は、辛すぎず、風味がよく、ここのところ我が家のマイブーム。

5

白飯にもかけてしまうほどおいしい。

社長ありがとうございます!

中では「スパイス研究員」によるキーマカレーの料理教室

12

もちろん、模擬店では井上スパイスのカレーとタンドリーチキンとチャイを頂きました。

10

随所に井上社長の遊び心がうかがえます。

9

こちらは風力発電の風車。実際使っているそうです。

自らを「スパイス探検隊長」と称し、七味口上も本を読んで覚えたとか。

11

他にも、野菜の販売、地元の昔ながらの製法の醤油、油の出店など。

老若男女、人手も多く駐車場がいっぱいになるほど。

小粒ながらも、ピリリと光るイベントでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道キャラバン・5

昨晩、「船長の家」での驚宴から一夜明けた。本日が北海道キャラバン最終日。

美しい銀世界の美幌、「しぶ∞(しぶはち)農園」の渋谷ご夫妻を訪ねました。

0703_59

渋谷さんは、脱サラ後、高知県東津野村にて自給自足的生活の後、縁あってここ美幌にたどり着いた。美幌で畑を始めて丸4年経つ。

北海道の美味いものというと富良野を思い浮かべる人も多いが、美幌の方が寒暖さが大きく、とにかく美味いものができる。湿度も低いので病害虫の発生も少ないとのこと。

渋谷さんは農薬、化学肥料は使わない。肥料や土壌改良剤には主に自家製の植物性肥料を少量使用。

さらに、ルドルフシュタイナーの提唱する「バイオダイナミック農法」を取り入れ、宇宙や地球、自然のエネルギーに沿って農作業を計画していく。

この辺は、ヨーロッパと緯度が同じなのでヨーロッパ生まれの「バイオダイナミック農法」があっているようです。

昨夏、赤いダイヤのような甘~い「ミニトマト」、最高でした。「かぼちゃ」は懇意の天ぷら屋のご主人も、ケーキ屋さんのパティシエもうならせるほど美味く、それぞれ使って頂きました。

この度、雪中の農閑期かと思いきや、渋谷さんのところでは、ハウスで栽培が始めていました。

0703_51_1

先週の水曜(4月4日)に入荷した「ほうれん草」くんのベイビーたち。

0703_52

あっ、もう食べちゃいました。

ゆでて、オリーブオイルと塩でもみもみ。トロけるように柔らかくておいしかったですよ。ハウスといえども、朝晩は零下まで下がるので、糖度の高いほうれん草になるのです。

0703_54

こちらは「レタス」たち。

入荷は5月中旬ごろ。寒さの中、ゆっくり育つので葉が肉厚でいかにも栄養たっぷり。

0703_57

トマトの苗たち。7月ごろお目見え予定。待ってるよ~

0703_48

美幌の大地はエネルギーに満ちあふれていました。

寒冷地での栽培の悩みや四苦八苦している様子を楽しそうにお話していただきました。

「今年はこのピーマンやるのよ、これがね~サラダにいいのよ、生でもおいしいの」

といった「新しい品種」にトライする熱心さ。かなりの料理好きとお見受けしました。

今年の夏は様々な野菜が食べられそうです。楽しみだなぁ。

「うちの西瓜は超おいしいのよ~、もうびっくりよ~」

はい、今年もびっくりさせて頂きます。

~~~~~~~~~~~~~~~

あと最終日にはジャガ芋、玉葱などでお世話になっている訓子府の伊藤秀幸さん喜代美さんご夫妻もお訪ねしました。

こちらでも2人の素敵なお人柄、居心地のよさに甘えてしまい、気がつけば5時間ほど居座って楽しいひと時を過ごさせて頂きました。

伊藤さんも渋谷さんも「美味いもの作ってやろう」という気持ちより、天や自然に感謝し、植物界とサポートしあい、「生命力のある糧を大地からいただく」という敬虔な気持ちで生きていらっしゃいます。

こういう人、野菜と巡り会えて、つくづく「ありがたいな~」と思います。このブログの拙い文章から、なんとかお客様にもこの共感する気持ちが伝えられたら幸いですね。

0703_47_2

北海道の皆様、感謝の気持ちでいっぱいです。今年もお世話になります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 3日 (火)

今週の入荷予定

4月5日(木)入荷予定

070309_4

寺井さんのロメインレタス! おいしく、エネルギーが満ちていますよ。

●寺井三郎さん(千葉県・銚子)
大根/無・無(本)
キャベツ/減・無(1個)
サニーレタス/無・無(1個)
ロメインレタス/無・無(1個)

0703_51

しぶはちさんのハウスほうれん草たち。空を飛んで参ります。よろしくっ!

●しぶはち農園(北海道・美幌)
ハウスほうれん草/無・無(1p)

●栃木の有機野菜<有機栽培>
かぶ(1束)
ラディッシュ(1袋)
ミニトマト(1袋)
アスパラガス(3本)←貴重な露地栽培。味が濃くおいしいです。

●無肥料・無農薬栽培の野菜
※ジャガ芋、玉ねぎ今週はお休みです。ご了承下さい。
人参(1kg)
トマト/中玉(1個)
きゅうり(1本)
 
●松井堂のパン(千葉県鴨川市)
鴨川あんぱん \150
むしパン\150
こだわり食パン \240
玄米食パン \290
ぶどうパン \240
木の実ブレッド \490
グリーンレーズンブレッド\430
いちじくパン\490
ステイスリム\420
シナモンレーズン\420

●三之助豆腐(埼玉県)<国産大豆と海水にがり使用、こだわりの絶品豆腐>
特選三之助(400g)\378
ふわふわ(200g)\263 ←滑らかな寄せ豆腐
油揚げ(2枚)\210
きざみ油揚げ(1袋)\210
京がんも・牛蒡入り(3コ)\252
こんこん(2コ)\368 ←豆腐生地に野菜やこんにゃくを詰め、油揚げにし、蒸し焼きした逸品。

●下仁田納豆(群馬県下仁田町)<国産大豆使用。ふっくら柔らかな美味しい納豆です。>
大粒納豆(50g×2)\189
中粒納豆(50g×2)\168
小粒納豆(50g×2)\210

などなど、皆さまのお越し、ご注文をお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道キャラバン・4

名寄~旭川~北見~常呂の道のり

名寄の宿を出発し、旭川に着いたのは11時ごろ。斉藤さんのスイーツに直行より、むしろその前に昼を食べてから、デザートにしようと意見一致。

北海道に上陸したというに、まだラーメンを食していない! 食べねば!

0703_18_1

キャラバンの同乗者(道産子)T氏曰く、旭川ラーメンは鶏スープとにぼしだしが特徴とのこと。で、おすすめのお店の「ひびき」さんに参りました。最近話題の旭山動物園のすぐ近くです。

オーナーは美人の女将。スタッフ3人もみんな女性。店内も女性の感性がうかがえ、清潔感があり、小物類もかわいい感じ。

しかし、ラーメンのお味はガツンとキレのいい味。かなりのにんにくですが、寒い北海道ではこれくらい効いてると体がポカポカです。チャーシューは脂身と、ロースの2種類がたっぷりと乗っていて、脂が落としてあるところに女性らしい繊細があります。麺はやや細めのちぢれ麺、ぷっちりもっちりで美味しいラーメンでした。

気っ風の良さと、繊細さを兼ね備えた女将に話を聞いてみると、前店舗が手狭で、今の場所に移ったのはつい1ヶ月前。勝負かけて土地物件買ったので、あと20年はここで踏ん張るとのこと。「毎日が勉強。とにかくまだまだ至らないけど、とにかくがんばっています!、ありがとうございました!」と。がんばって下さいね。

さて、デザートタイムっ!

斉藤さんに教えられた旭川市内の「ミルキーグリーン」に行ってみました。ひびきさんから車で3分。

0703_24_1

ミルキーグリーンあさひかわ」 旭川市豊岡5条7丁目1番4号

斉藤牧場の牛乳を使ったスイーツを売っている店で、この3月16日にオープンしたばかりということ。

こちらがソフトクリーム。さっぱりした味が斉藤牧場らしい味わい。

0703_19_1

みんなで奪い合うように頂きました。

さらに昨日お会いしたばかりの、斉藤牧場の斉藤さんもご来店。まだ開店したばかりのこの店が気になり、時々お寄りになるようです。

キャラバンの同乗者T氏は、今夏、札幌市内に自然食品店をオープン予定。

斉藤さんが「自分でいうのも何だけど、このソフトは美味いよ。店でやるといいよ」と朴訥に猛プッシュ。T氏、前向きに検討。

常に勉強の姿勢の我々。店頭に並んでいた、ソフト以外のスイーツ4種も一通り食べ、満足。次は一路、北見に向かう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

北見では「香遊生活」さんを訪ねました。

香遊さんは有機、自家栽培しているハーブを使い、ハーブのある暮らしを提案しています。こちらの舟山はるみ専務とは、日本オーガニック検査員協会の会員仲間で8年ほど前にお会いして以来、ようやく念願叶って、北見に訪ねることができたのでした。

こちらは舟山ファミリーで始めて、現在10年目。日が沈んでからの遅い訪問でしたが、暖かく迎えてくれ、しばし歓談。

香遊さんは今度4月13日~15日に晴海トリトンスクエアで行われる「オーガニックフェスタ」というイベントに出られるそうです。そこでの再開を約して、本日の宿に向かいました。

0703_34

サロマ湖畔の宿「船長の家」。この写真は朝、撮ったものですが。

ちょいと有名な宿らしいです。何が有名かって、

0703_32

その食事の量、その食事に占める海鮮の量が半端じゃないということ。写真ではその全貌は伝えられないのですが、最初テーブルの上を見たときは「唖然」そして、これは制覇できないと「愕然」。他のテーブルの人々も同じ気持ち。みな戦友のような感覚になり、「がんばったね」とか「このテーブルは、作戦失敗だ」などど言い合う感じ。

0703_33

味の方は(意外と)美味しかったですよ。海鮮類は確かに美味い。カニだって、毛蟹、ズワイ、タラバが3種。ひたすら食べましたがとても制圧できず、カニ類は冷凍便で自宅まで発送させてもらいました。

私(店長)は苦しく、風呂にも入れず、布団に沈没。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

北海道キャラバン・3

白金温泉~新得~旭川~名寄の道のり

新得を後にした我々が、次に目指したのは、旭川から車で約30分のところある「斉藤牧場」さん。

やや迷いつつも、待ち合わせの場所に到着。

0703_17_1

白銀の山道を走ると、忽然と姿を現した山小屋風の建物。

えっ、なぜこんなところに、カフェ?でしょうか、、、

斉藤牧場の敷地内のカフェ「空空(からから)」さん。ここで斉藤さんと待ち合わせです。

0703_16_1

今年の1月に開店したとのこと。(真冬じゃないですか!)中年のご夫婦2人でやってます。これからの人生を送る地を方々探し回り、5年目にようやくこの地に巡り会った。カフェの建物は昨夏頃から、廃材を主に利用し、自分たちで建てて12月に完成。

0703_15_1

石臼で小麦を挽き、薪ストーブで全粒粉パンを焼き、湯を沸かし、コーヒーをたてる。

スローな時間や~。

ここで頂いた全粒粉パンは今までに食べたことのないおいしさでした。来年からは、ご自分で小麦を栽培しパンを作るそうです。

0703_13_1

冷えた足を温めてくれるため、薪ストーブで温めたレンガをタオルで巻いて出してくれる心憎いサービス。ほんと暖まりました。

0703_14_1

山胡桃のおまけ付き。

さて、斉藤牧場さんの話でした。代表の斉藤拓美さんは、なかなか大柄(180センチ位)で、朴訥な、優しい目をした方でした。やはり牛飼いだけあって、何となく牛的オーラを放っているように感じましたね。

ここでの牛の飼育方法は「山地酪農」という独特の飼育方法で、200ヘクタールの山地に放し飼い。お食事は山々の草のみ。

一般的な飼育では、閉鎖系の牛舎の中で、餌は主に海外のいわゆる飼料なのですが、ここは違う。山の斜面に切り株や岩はそのまま、昆虫も植物も牛も共存した自然そのままの世界。牛は山の斜面を歩き、草をはみ、おっぱいが張ってくると、自然とお乳を出しに牛舎に戻ってくるそうです。

最近、この山地酪農のことを書いた本「モー革命」というのが出版されており、興味ある方はチェックしてみては。うちはまだ積んどく状態ですが、、、

あっ、牛乳は美味しかったですよ。低温殺菌。さらっとして、やさしいコクがある、体にすっ~っと入っていきます。

なんでも斉藤牧場のこの牛乳を使ったスイーツが食べられるという店が旭川にできたとのことで、明日行くことを約し、空空を後にしました。

本日の最終目的地は名寄。

名寄にある「カントリーキッチン四季菜」さんという自然食品店を訪ね、同業の先輩からいろいろ学ばせていただきました。四季菜の有田様、お忙しいところありがとうございました! 四季菜の店内は店主有田さんのきめ細やかな愛情が行き渡っているような雰囲気でした。うちも見習わねば。

で、2日目終了。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »