« 今週の入荷予定 | トップページ | 5月24日(土)は恒例の魚市! »

2008年5月14日 (水)

アフター山菜市~今年はこう食った~

Photo (山菜ごはん)

素材は一級、腕は三流、それでも目の前にやってくる素材に感謝しつつ、今日も料理致します(byあっこ)。

まずは今年の山菜のご紹介

0805

左からハリギリ、タラの芽、こしあぶら。

単品だとわかりませんが、一緒に見るとこんなに違います。

今年のタラの芽は茎が甘くてホックホク。天ぷらにしなくとも、オリーブオイルとにんにくと塩で蒸し焼きするだけで、アクも少なくおいしく頂けます。

東京で出回る栽培もののタラの芽は蕾みたいに小さいものですが、今回送ってもらった天然ものは大きいもので30センチ弱、平均サイズは15~20センチくらい。今年の秋田の春はすごく暑くて、山菜が全般的に早まっていました。なので、伸びる伸びる。天ぷらするにはちょいと大きいサイズかもしれませんが、ソテーするにはむしろよい。

ハリギリは味はタラの芽に似ていますが、葉が鳥の羽のように扇状にたたまれていて、こいつが天ぷらのさいのクセモノ。

衣が異常にくっつきすぎる、油を吸い過ぎる、要検討素材です。蕎麦屋の「遊」さんが買っていったので、どう遊んだか聞いてみよう。タラの芽よりも若干苦味を感じました。

こしあぶらはアクがなく、コクがあり、香り高い味が人気。天ぷらはもちろん、ゆでて、おひたし、和え物でも頂けます。

天ぷら、山菜御飯、蒸し焼きで頂きました。

080501

山うどは栽培ものと違って、野生的な味と香りが違います。

葉と皮はキンピラに、

0805_2

茎は甜メンジャンで炒めてみました。ホロ苦さと甘さがよくあいます。練りゴマを少々加えてコクを出してみました。

0805_3

こごみはやっぱり胡麻和えで。

080501_2

こごみも長いのがグレードが高いのですが、やはり短いものが好まれます。茎も甘くておいしいよ。天然ものは巻きの強さと、ヌメリとシャッキリ感が違います。

080501_3

一番お得で使いやすい葉山葵。

0805_4

いつもおすすめするのが、葉山葵の熱湯瓶詰め。

蕎麦の薬味に、お茶漬けに、海苔と醤油で和えればご飯が何杯でも頂けます。

080503

葉山葵の花です。これもピリリとホノ辛い。サラダや手巻き寿司の具に、と思いますが、いつも瓶詰め止まり。

080501_4

河田クンも一生に一度会えるかどうだか、という「紫あざみ」。

なんだかすごいらしい。「神様級」と言っていた。

が、すごすぎて、調べても食べ方がわかんないよ~

あざみ系なら、炒めて食べるでしょ、ということでオリーブオイルで焼いてみました。

ほんのり、沼テイスト。っていうか、少し泥臭い感じ。

けど、なんかおいしい~、クセになる味だぁ。

一級品も無知の前では無力なのか?!

080501_5

ふきのとうは時期的にちょっと遅かった。期待していた皆さん申し訳ありません。

080502

あと、これ「わらび」。すでにあく抜きしてくれていたので、おかかと醤油で食べたけど、美味しかった~。

今年もおいしく頂きました。河田クン、山の神様ありがとう!

|

« 今週の入荷予定 | トップページ | 5月24日(土)は恒例の魚市! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115234/41205272

この記事へのトラックバック一覧です: アフター山菜市~今年はこう食った~:

« 今週の入荷予定 | トップページ | 5月24日(土)は恒例の魚市! »