« エコマル通信PHOTO! 2010年10月号③ | トップページ | 入荷予定 »

2010年12月 5日 (日)

エコマル通信PHOTO! 2010年10月号④

ビッグ!アーモンドチョコ ~砂糖不使用~

1

「25×12×1・7センチ」のビックサイズは、ここはアメ横か!?

と思うほどの高揚感。100g換算するとこの値段ならお得なんですが、こんなに大きいとねぇ、というのが正直なところ。

Photo

(iPOD touchが4個分!)

01

(大きさ「顔」くらい!)

でもエイヤッと買ってしまうと自分の中で妙に盛り上がるから不思議です。

さて、今回は「砂糖不使用」表示をクローズアップ致しましょう。

「砂糖不使用」という表示は食品加工段階で砂糖を使用していない、ということで「糖分0」とか、「カロリー0」とかとは全く違うのでご承知おき下さい。

糖分を気にされる方はむしろ、栄養成分表示の「ショ糖」の欄にご注目。「ショ糖」は砂糖とほぼ同じ成分なのでこれはこのチョコレートに限らず、飲料、野菜ジュースなどにも適用です。
ショ糖が入っている限り血糖値は最終的には上がります。ただ使っている甘味料で血糖値が急上昇するか、しないかの問題です。

さて、この問題のビックアーモンドチョコに使っている糖分は「パラチノース」と「麦芽糖水飴」という甘味料。

「パラチノース」は砂糖由来の天然甘味料。良いところは血糖値を急上昇させず、満腹感を長持ちさせるとこと、カロリーが半分、虫歯になりにくい、すっきりした甘さ。元々子供用に虫歯になりにくい甘味料として登場したのがこの甘味料の由来。白砂糖のお菓子を食べた後のベタついた感じがなく、スッキリとした食後感はパラチノース故と言えるかもしれません。

また血糖値を安定させるアーモンドが組み合うことで栄養的にもいいかなと思います。

よつ葉牛乳のミルクパウダーなど材料は良いものを使っており、巷の人口甘味料を使った「カロリー0」のチョコレートより安心で美味しいことは間違いありません。

と、砂糖不使用に関して少々カタイことを書きすぎてしまいましたが、そんなことヌキにして食べてもこのチョコは美味しいです。

ちょっとスッキリめのキレのある甘さにカリっとしたアーモンドがよくあって、甘党ではないが、チョコが好き(という人種もたまにいるのです)という方もこのチョコなら大丈夫。

02

(丸ごとのアーモンドがたっぷり♪)

この大きさゆえ、お土産に受けてます。

私のおすすめは最初から一口大に勝ち割って、さらに炒ったアーモンドとミックスして袋詰め。チョコ→アーモンド→チョコ、と組み合わせて食べるとミネラル補給できて更に美味しさ倍増。ただし止まらないので食べすぎに注意してください。

400g \1365

|

« エコマル通信PHOTO! 2010年10月号③ | トップページ | 入荷予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エコマル通信PHOTO! 2010年10月号③ | トップページ | 入荷予定 »