« 入荷予定 | トップページ | 6/5(日) はつかり感謝祭に出店します »

2011年6月 4日 (土)

映画 「第八の戒律」

昨日、「第八の戒律」という映画を観てきた。

1991年にドイツで制作されたこの映画。

映画の内容は下記のような感じ(小林大木企画webより抜粋)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「核分裂過程」の続編  1991年 ドイツ 95分 原題:DAS ACHTE GEBOT
ベルトラム・フェアハーク&クラウス・シュトリーゲル監督  デンクマル・フィルム制作

ヴァッカースドルフ再処理工場の建設は中止された。鉄柵は解体された。
しかし根本的解決とは言えない。核廃棄物は残る。
カメラは世界中から核廃棄物が持ち込まれるフランスのラ・アーグ、
イギリスのセラフィールドへ向かう。そこで見たものは、
放射能が何十年も海に垂れ流されてきた事実。
しかも今、放射能は海岸に戻ってきて、じわじわと生命を蝕んでいるのだ。

原子力産業を推進してきた科学者、政治家、経営者は、この50年間何をしてきたのか。
数字による操作、明らかな嘘、情報の独占、「証拠がない」と開き直り・・・
彼らのやり方と言葉はなぜ国を超えてこんなにも似ているのか。

破滅に向かう世界? その謎を解くカギがここにある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

どこの国も推進側は、いいところだけ「見せよう・見せよう」、都合の悪いところは「隠そう・隠そう」とする。

市民側がしっかりと、声を出し、行動で示さないと、文明というものは滅びの道に進まざるを得ないな~、とこの映画を観てあらためて思った。

と、偉そうなことをいうが、夜19:00~の上映で、お疲れちゃんと会場のちょうどよい温かさで、少なくとも3割は意識がありまへんでした、、、

ちなみに会場は東池袋の「あうるすぽっと」。

会場をあとにすると、近くに「元祖東池袋大勝軒」があるではないか。ま、移転後の店だけど、初めてだから入って、定番のもりそばを食う。

いまいちだ。やっぱり「ごとう」が好き。もう、浮気はしない、かな。いや、するでしょ。

by 店長

|

« 入荷予定 | トップページ | 6/5(日) はつかり感謝祭に出店します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入荷予定 | トップページ | 6/5(日) はつかり感謝祭に出店します »