« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月31日 (水)

種屋の野口さん 今夜のラジオ深夜便に登場

埼玉県飯能市で代々、「種屋」を営む、野口種苗の野口勲さん。

今流通している野菜の「種」の主流はF1種という、1代限りの種です。

野口さんのところでは、その土地で代々引き継がれ作り続けられ、種取りも行われている「固定種」といわれる野菜の種を扱っています。

ま、詳しい技術的なことは野口さんのホームページを見てみて下さいな。

その野口さんが固定種にかける思いを、語られるというラジオ番組があるので、取り急ぎそのご案内をば。

NHKラジオ

9月1日(木) 早朝 4:00位~5:00位

必聴だと思いますよ~

私は起きれないから、タイマー録音しておきますが。

by 店長

| | コメント (0)

小豆を塩味で食べてみた

Azuki_0021

ついでに炊飯器で炊いてみました。

これが超簡単。

戻さないままの小豆を1カップ(180g)を洗って、水を3倍量540㏄、昆布一片入れて、スイッチオン!

1時間くらいかかりましたが、ほっこら炊けましたよ。鍋や圧力鍋だと、見てないとぐちゃくちゃになってしまいますが、粒もしっかり立って潰れてない。今回は上手くいきましたが時には固いときもあります。そのときは鍋で少々煮ます。

半分は餡子にして、今回は「塩味で食べる」というテーマに沿ってみました。

Azuki_0051

定番の小豆昆布。小豆を炊くときに、多めに昆布10㎝x10㎝位入れます。

ゆでた小豆200gに昆布を2㎝角位に切って、水1/2カップ足して、昆布が柔らかくなるまで煮ます。(すでに相当柔らかいのでそんなに時間はかからない)塩小さじ1/4、醤油小さじ1を入れて少し煮てできあがり。

あたしには、止まらな~い。でも店長には不評でした(涙)。

Azuki_0101

こちらも定番小豆南瓜。

民間療法的に「糖尿の薬」と言われてます。砂糖入れちゃだめよ。

南瓜80g(小豆の半分位がバランスがよい)をカットして柔らかくなるまで煮たら、ゆでた小豆150g入れて、水1/4カップ、醤油小さじ1を入れて、落し蓋をして少々煮る。小豆も南瓜も崩れんように少々煮て、火を止めて味を含ませる。

これは、醤油味の小豆に甘い南瓜が顔を出す、というのをねらっているので美味しい南瓜を使わないとつらい。普通のレシピは塩味ですが、私は醤油味が好きです。(東北出身だから?)

これにも、店長はう~~んNNN??

えぇぇい、君はおはぎでも食べたまえ。

Azuki_0111

もち米がないので、もちきびを半分。

Azuki_0131

きび団子だよ、店長。鬼退治に行きますか。(餡子はもちろんしっかり甘い。そういうのはいやです)

甘いと思われているものを、塩でトライするときは素材が命。ぜひ、ヒデさんの小豆と、渋谷さんの南瓜を使って作ってみてください。あ、それでも腕が悪いと、だめ?

by akko

| | コメント (0)

2011年8月30日 (火)

入荷予定

9月2日(金)予定

続きを読む "入荷予定"

| | コメント (0)

2011年8月27日 (土)

入荷予定

8月30日(火)予定

続きを読む "入荷予定"

| | コメント (0)

2011年8月26日 (金)

八列とうきびを食べてみた

8_1

北海道のべにや長谷川商店さんで扱っている「八列とうきび」。

8_5

2個づつ四列に並んでいるから「八列とうきび」という。

とうもろこしの原種に近く、北海道でも農家さんが自家採取して少量作っているという希少な品種。いつでもいいから、出来たら送ってください、ということで送ってくれた。

8_3

粒も大きく、隙間だらけ。硬粒種で、甘くなく、イマドキの味ではない。

8_6

現地では炭火で醤油焼きにするらしいので、蒸してから醤油焼きにしてみた。

う、うまぁ~~

もちもち、プチプチとした食感に、もっちりしたデンプン質の後からくるほんのりした甘み。とうもろこしは穀物なんだなぁと思わせる味。意外に好きだな、この味。

収穫して2日で皮が硬くなるので、本来は収穫してすぐ食べるか、干して、カラカラに乾かして粉にして頂くそうです。

Toukibi_0011

おまけに栗いんげんの莢を入れてくれた。現地ではおかずによく食べるそうで、酢味噌和えがおすすめとのこと。

Toukibi_0071

おすすめに従がって酢味噌和えにしました。ねっとり、柔らかく、マンズナルよりも柔らかい。酢味噌和えにすることで、夏らしさを感じます。

北海道は今が本当に短い夏野菜の盛りの時期。関東では食べ飽きたトマトやとうもろこしが今ごろ美味しくなってくる。

夏の北海道の味をありがとうございました。

| | コメント (3)

2011年8月25日 (木)

ほっこりひめが旬です

Hokkori_0071

北海道美幌のしぶはち農園さんの「ほっこりひめ」

みんなが待ってた北海道の南瓜。お盆が過ぎて、食べごろになりました。

Hokkori_0021

ただ蒸しただけで、名前のとおり本当に「ほっこり」栗みたい!

こういう、美味しい南瓜は料理するのに困ってしまいますが、何にしても美味しいのは確実。

煮物、スープ、コロッケ、サラダ、お菓子・・・想像が膨らみますが、やっぱり手を加えずこのまま頂いてしまう私。

そろそろこういう、加熱した、ほっこりしたものが美味しくなってくる頃。南瓜のベータカロチンは肌や粘膜を強くするので夏に傷ついた肌を修復するのにもってこい。そういうときは、油を少々加えると、吸収が良くなる。

バターかぼちゃか・・。やっぱり無精なのでした。

北海道美幌 しぶはち農園 無農薬無化学肥料栽培 「ほっこりひめ」¥60/100g

| | コメント (0)

2011年8月24日 (水)

入荷予定

8月26日(金)予定

続きを読む "入荷予定"

| | コメント (0)

2011年8月22日 (月)

8月の出汁とり教室レポート

7月とは打って変わって、涼しい昨日の日曜日。

今日はあっこに代わり、わたし店長が出汁とり教室のサポート。

20110821_131309

今回は3人の参加者の方に来ていただきました。その中のお一人は再受講さん。

そう、この出汁とり教室には再受講制度があって、1回目で納得いかなかったり、会得できなかった方は、1度でも2度でも来ていただいて構わない。

今日もとことん削っていただきました。

柾の大将、今日も熱血。受講者さんが、納得いく削りができるまで、フォーム矯正、メンタル面のアドバイス? とても一体感のある教室でした。ハ、ハ、ハ、体育会っぽいですね。

1番出汁、2番出汁、それぞれの使い方も、座学でじっくり教わり

そしてお楽しみの実食!

20110821_142609

万願寺唐辛の煮浸し

ふだん個人的には食べつけない、万願寺ですが、こんなに趣き深い野菜もなかなかないな~と思いました。美味!

20110821_143943

2番出汁を利用した、うどんつゆ。

そしてなんと、柾さん秘蔵の稲庭吉左衛門の稲庭うどん!

つゆもさることながら、うどんの風味、食感は別世界もの。

さ、次回の出汁とり教室は9月18日(日)12:00~からです。

お問い合わせ、お申し込みはエコマルシェまで。5人限定です。

お待ちしております。

by店長

| | コメント (0)

2011年8月20日 (土)

西落合”Tee's”前での夕市

Dsc00413_2

16:30~20:00に行われたマルシェ、今日もたくさんの方に来ていただき、誠にありがとうございました!

外が真っ暗になる頃にようやく一息つき、撮った写真は2枚きり。

Dsc00412_6

次回は9月18日(日)10:00から、同じく西落合のTee's前で開催の予定です。

どうぞよろしくお願いします♪

| | コメント (0)

入荷予定

8月23日(火)予定

続きを読む "入荷予定"

| | コメント (0)

2011年8月19日 (金)

8月20日 朝は魚市/夕方は西落合のマルシェ

うっかり、告知していなかったかも、、、

8月20日(土)のこと

くりちゃんの魚市

9:30~正午くらい(売り切れ次第終了)

場所:エコマルシェ 雨天・嵐決行!

今回は、かしこ&つむじはお休みで、くりちゃんだけ魚売りに来ます♪

西落合のマルシェ

16:30~20:00

場所:Tee's 雨天決行

マルシェの詳細や、場所はTee'sさんのブログを見てね

こちらのマルシェで、当店は野菜や乾物を売ってきます。

あと、今回は「つむじ」の柳沼さんも参加。西落合の皆さまへの「しょうのう」の伝道に励みます。

では皆さまのお越しをお待ちしていま~す

| | コメント (0)

2011年8月18日 (木)

トゥルシー入荷

Turusi_0061

アーユルヴェーダの中でも最高と言われるハーブ「トゥルシー」。

効能は色々ありすぎて、書ききれない。化学的で実証される以前からインドでは体に良いとされその薬効とともに、神話性をもって神々の供物として捧げられるそうです。日本で言うと、お榊をハーブティにしたようなもんなんでしょうか?(違うか)

インドでは家庭で栽培し、神に捧げたり、生葉を食べたり、お茶にしたりするそうで、今回入荷したのは「ハーブティ」。

なんか、ちょっとすごいですが、飲んでみると確かに体がキレイになりそうな味。苦いような、甘いような、シソ科なのでなじみやすい味。抗酸化作用が高く、万病を防ぐ、とか。

この「トゥルシー」に「ゴッコラ」というハーブをミックスしたハーブティもあり、こちらは「頭(記憶力とか精神性)」に効くそうです。

紅茶とスパイスをミックスしたものもあり、こちらも美味しい。

インド産 無農薬栽培ハーブティ 各種100g缶 ¥2100

トゥルシー100%、  トゥルシー&ゴツコラ、  チャイ

お手軽なティーパック25袋入り¥1260もあります。

Turusi_0101

日本でも栽培している方がいて、こちらは石垣島産。インド産に比べて、生に近い感じ。

宮崎茶房さんも、栽培してこちらは緑茶とのミックス。これが普通の緑茶として美味しく、ご年配には抵抗なく 受け入れられる味。こちらもおすすめです。

石垣島産 トゥルシー 13g ¥600

宮崎産 ホーリーバジル緑茶 3gx15pc ¥630

| | コメント (2)

2011年8月16日 (火)

小公子でワイン作り①

Dsc00370

大分県・安心院のブドウ農家「プーの丘」の山下さんに電話したところ、

「小公子がもうすぐ終わっちゃうよ~」

うわ!ぎりぎりセ~フ。早速この月曜着で10kgばかり送っていただいた。

小公子は山葡萄の交配品種で糖度が高く、色素も強く、野性味あふれる赤ワインを作るにはうってつけ。昨年は2kgほど送ってもらって、仕込んだところ、なかなか美味しい赤ワインができた。

今年は10kg仕込んじゃう♪

続きを読む "小公子でワイン作り①"

| | コメント (0)

入荷予定

8月19日(金)予定

続きを読む "入荷予定"

| | コメント (0)

えごま葉入荷

岐阜県のGOEN農場より無肥料栽培のえごま葉が入荷しました。

韓国では代表的な薬味で、日本では焼き肉を巻いて食べることが多いですが、ご飯を包んで食べたり、海苔巻にしたり、漬物、キムチ、和え物と年間、様々に使います。

えごま葉はシソ科で、鉄分、カルシウムが豊富。健康にとても良く、韓国で愛される理由かもしれません。ぜひ、夏の食材に韓流パワーを取り入れてくださいませ。

シソに似ていますが、味も香りも全く違って独特な風味が食欲をそそります。

えごま葉の醤油漬け

えごま葉20~30枚 

タレの材料 醤油25㏄ 酒25㏄ 生姜のみじん切り小さじ2 みりん小さじ2 唐辛子少々、軽くつぶした胡麻、胡麻油少々

①葉を2~3枚持って、裏表にタレをつける。

②鍋に①を重ねて、残ったタレと水を少々入れて、弱火でさっと煮てできあがり。

ご飯に巻いてもりもりいただきましょう!

岐阜県GOEN農場 無肥料無農薬栽培 えごま葉 10枚 250円

| | コメント (0)

2011年8月14日 (日)

柾の精進料理

110813_1_2

出汁取り教室でお世話になっている、「」さんのお盆の精進料理を頂いてきました。

続きを読む "柾の精進料理"

| | コメント (0)

火鉢クラブ的納涼カフェ in 市田邸

天然住宅バンクミーティングで知り合った中村さんという方が、面白いイベントを開催されているので、昨日早速行ってきた。

Noryocafe_hagaki2

火鉢クラブ」は中村さんが主催するプロジェクト。

で、今回の納涼カフェ。今じゃ、エアコンなしじゃ~っていう日本になってしまったが、かつてはそんなものはない。

エアコンは部屋を閉め切って、電気で冷風を作り出す。スイッチ切れば、その閉め切った部屋は地獄のよう。

昔の日本では、窓、ドア、すべて開け放ち、風の通り道を作った。汗をかきながら、うちわで扇ぎ、スイカを食い、冷えたおしぼりを顔にあてては、恍惚の表情。暑かったけど、今のようなツラサはなかったような記憶がある。

この納涼カフェは、上野にある築100年、明治40年に建てられた、市田邸というお屋敷を会場に、古き良き日本の夏の設えを見直そうよ、という趣旨。

「電気の使い方」に関して考えさせられる今、「建築」とか「住まい方」というところまで、つっこんでいけるチャンスじゃないだろうか、ということを考えさせられました。

と、エアコンの部屋でこの記事を書いておりますです。

写真をパチパチ撮らせてもらったので、「続きを読む」でご覧ください。

続きを読む "火鉢クラブ的納涼カフェ in 市田邸"

| | コメント (0)

2011年8月12日 (金)

原発のない未来を! 連続講座3回目決定

「原発のない未来を!!なかのアクション」3回連続講座の2回目が昨日行われました。

Dsc00305

鎌仲ひとみさんの歯切れのよい、核心に迫った迫力あるトーク

そして、山田真さん。優しい風貌の中に、今の政府対応に対しての憤りも感じられました。

そのお二人の対談も聞き応えのあるものだったと思います。

暑い中、会場に足を運んでくださった皆さま、本当にありがとうございました!

そして3回目の日程が、ついに決まりました。

日時:11月20日(日) ※時間は後日に

場所:生協会館 

講師:飯田哲也さん

いまや、新聞、テレビにひっぱりだこの飯田さん。見たことあるよ、聞いたことあるよという方も多いかと思いますが、やはりこういうのは生で本人の口から話を聞くと、体に入ってきかたが全然違いますよ。

ぜひお楽しみに。詳細は決まり次第また報告いたします。

なかのアクションのWEBのチェックもお忘れずに。

by店長

| | コメント (0)

入荷予定

「毎度ありがとうございます!」

~夏季休業のお知らせ~
8月13日(土)~15日(月)の間、お休みをいただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

※ご連絡いただければ、可能な限りお取り置きいたします。
★火曜日入荷分はなるべく土曜日中にご注文いただけますようお願いいたします★

※下記案内において、無肥料・無農薬栽培は「無肥料・無農薬」、有機JAS認証のものは「有機」、無農薬・無化学肥料栽培は「無・無」と、「減農薬」は「減」と表記しています。

8月16日(火)予定

続きを読む "入荷予定"

| | コメント (0)

2011年8月11日 (木)

お盆休み

8月13日(土)はお休みをいただきます。

日月は定休日ですので、8月13日~15日まではお休みということで。

ご了解のほどよろしくお願いいたします。

皆さまもお休みの方多いかと思います。どうぞ、よいお盆休みをお過ごしくださいませ。

| | コメント (0)

シナノレッド参上!

りんごのことです。シナノブルーやイエローはありません。って、そんなこと考えるのはオレだけか。

さて、もうりんごの季節。長野の木下さんからりんごの初荷が届きました。

Photo

木下さん、果敢に農薬使用率を減らしていまして、このシナノレッドは一般的な農薬使用量に比して、77~89%を削減。化学肥料は使っていません。相当、手間と愛情をかけています。

Imgp5058
(木下さん)

さっそくかぶりつきました。シャキッとして、甘みと果汁も十分。早生のさわやかなりんごです。早生なので、日持ちはしないとのこと。

1玉 150円~170円くらいで販売しています♪

| | コメント (0)

2011年8月 9日 (火)

入荷予定

「毎度ありがとうございます!」

~夏季休業のお知らせ~
8月13日(土)~15日(月)の間、お休みをいただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

※ご連絡いただければ、可能な限りお取り置きいたします。
★金曜日入荷分はなるべく水曜日中にご注文いただけますようお願いいたします★

※下記案内において、無肥料・無農薬栽培は「無肥料・無農薬」、有機JAS認証のものは「有機」、無農薬・無化学肥料栽培は「無・無」と、「減農薬」は「減」と表記しています。

8月12日(金)予定

続きを読む "入荷予定"

| | コメント (0)

2011年8月 6日 (土)

8月20日(土)はうなぎを焼くよ @くりちゃんの魚市

Dsc00261

毎年、8月は朝市がないのですが、7月の魚市で好評だった、くりちゃんのうなぎが8月も復活!先月買い逃した方は、ぜひご利用くださいませ。

うなぎは鹿児島県産の養殖ものです(極わずかですが、運がいいと天然も手に入るかもしれません)。

築地で朝、〆て開いていただいた生のうなぎを、くりちゃんの店で白焼きにし、湯で蒸して、下ごしらえをしたものを、8月20日当日、エコマル朝市で炭火焼きをして、販売いたします

タレはくりちゃん自家製のものを使います。

先月、初めてくりちゃんの鰻を頂きましたが、変な脂の感じがなく、しっかりとした身の美味しい鰻でした。まず、鰻を焼く匂いにやられます。今回はご飯炊いて、その場で焼き立てを頂くことにしよう。

基本は予約ですが、当日も多少の余裕はあるみたいなので、匂いにつられて買っていただいてもOKです。

うなぎ(鹿児島産)一串 → 1800円       ご注文締切8月16日(火)

その他の魚の販売予定   ご予約締切 8月18日(木)

暑さのため、8月は基本的には予約販売のみとさせて頂きます。

しじみ大粒(約250g) ¥420 ~北海道産
甘塩さけ切り身 1切¥200
さば文化干し 1枚 ¥380
あじ開き 1枚 ¥250

なお、手作り天然酵母ぱん「かしこ」さんと、木の雑貨「つむじ」さんは8月はお休みです。

ご了承下さいませ。

| | コメント (0)

2011年8月 5日 (金)

入荷予定

「毎度ありがとうございます!」

~夏季休業のお知らせ~
8月13日(土)~15日(月)の間、お休みをいただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

※ご連絡いただければ、可能な限りお取り置きいたします。
★火曜日入荷分はなるべく土曜日中にご注文いただけますようお願いいたします★

※下記案内において、無肥料・無農薬栽培は「無肥料・無農薬」、有機JAS認証のものは「有機」、無農薬・無化学肥料栽培は「無・無」と、「減農薬」は「減」と表記しています。

8月9日(火)予定

続きを読む "入荷予定"

| | コメント (0)

2011年8月 4日 (木)

豆くう人々中級コース4

Yamabushi_0071

べにや長谷川商店さんの豆料理教室中級の最終回は、「おかん料理」。

「おかん料理」とは、地方の郷土食の中でも、地元のおばちゃんたちが作る、各家庭に伝わっている日常の料理のこと。「ハレとケ」で言えば、「ケ」の食事で、家族の腹を満たすための知恵が盛り込まれている。そんな料理を長谷川さんは、愛情を込めて、「おかん料理」と呼ぶ。

Yamabushi_0031

べにやさんと言えば「ばたばた焼き」と言うくらい、代表的な北海道のおかん料理。東京のイベントでは、「ばたばた焼き伝道師」の長谷川さんのおかんが、自ら焼きにくる。

これも、コツがあって、本のとおりに作ると作れない。

Yamabushi_0081

山形のおかん料理「そばはっとう団子」

白練りごまの甘辛醤油味で頂きます。

Yamabushi_0101

ビルマ豆のそば団子

高価な小豆の代わりに、多収穫のビルマ豆を餡にして食べていたそうです。砂糖も高価なので塩味で。塩味の餡というのも、豆の美味しさがよくわかって美味しいもの。(昔の方は意味が違うんですが)

Yamabushi_0111

青森のせんべい汁。具に南部せんべいが入っています。せんべい汁用の南部せんべいなので、グルテンが多く、くちゅくちゅした食感が美味しい。

おかん料理は、腹を満たすのが基本なので、一気に食べたらお腹がはち切れました。美味しいので気を付けましょう。普通はどれか、一つだから大丈夫ですね。

日常にこそ文化がある。各家庭に伝わる「母の味」。教わって、アレンジして、伝えて。今一度、うちの「母の味」ってなんだっけ?と思いかえしてみました。

akko

| | コメント (0)

2011年8月 2日 (火)

入荷予定

8月5日(金)予定

続きを読む "入荷予定"

| | コメント (0)

2011年8月 1日 (月)

8月の出汁取り教室のお知らせ

日時 8月21日(日)12:00~14:00

会場 

料金 1500円

持ち物 エプロン、筆記具 あれば削り器

講師 旬菜美酒「柾」店主 真崎庸さん

定員 5名 (お申込み先着順)

和食のプロに習う出汁の取り方。鰹節の削り方、削り器の調整、基本、煮物、そば汁等々盛りだくさん。和食の基本を今一度見直す機会に最適です。同じものを使っても、プロがやるとこんなに違うのかと驚きます。ぜひお試しください。

お問い合わせ・お申込みはエコマルシェまで。お待ちしております♪

Keuriki_0061

~インフォメーション~

いつも出汁取り教室でお世話になっている「柾」さんで

8月13日(土)~17(水)の期間のみ、精進コースが頂けます。

「柾」さんの味が野菜と、出汁、植物性の素材で頂ける一年に一回の試み。

野菜は、エコマルの無肥料や無農薬の力強い野菜です。気になる方はぜひご予約を。

12時~ 19時~ 各限定6名

精進コース ¥6500

ご予約は「」さんまでお願い致します。

柾 tel 5380-6055

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »