« 火鉢クラブ的納涼カフェ in 市田邸 | トップページ | えごま葉入荷 »

2011年8月14日 (日)

柾の精進料理

110813_1_2

出汁取り教室でお世話になっている、「」さんのお盆の精進料理を頂いてきました。

最初に出てきたのは、お豆の和え物2種。さやいんげんのずんだ和えと、白インゲン豆のマンズナル和え。かわいい~

こういう和え物こそ、外の和食だよなぁと思います。(だって家では作んないも~ん)豆の味を生かす、うっすらまとう和え衣は、豆を凝縮した濃厚な味。日本酒は米なので、豆の旨味とよくあいます。

110813_2

炒り大豆の出汁のお吸い物。

蓋をあけると、香ばしい香りが漂います。

北海道のヒデさんの無肥料栽培大豆はそのままで濃厚な味。甘みがあります。昆布の旨味が加わると、相乗効果で旨味が広がります。これも日本酒とよくあいます。精進だと、動物性の強い旨味がないので、更にセンシティブに舌が旨味を追い求めてしまいます。

110813_3

胡麻豆腐

摺って1時間、練って1時間の手間のかかる料理。こんなたっぷり出して頂いてありがとうございます。今まで食べた胡麻豆腐(と言っても数少ないけど)で一番美味しかったなぁ。かなり濃厚です。濃さはカニみそなみ(こんな表現ですいません)なんですけど、味がキレイなのでペロリといけてしまうという罪な奴。

110813_4

白味噌仕立てのけんちん

なんか寺の精進ぽいぞ!炒めた手作りこんにゃくが美味。たぬきに見立てたかは謎ですが、さくさくした歯ごたえと芋の美味しさが手作りならでは。戻した干し筍など、食感が楽しく、乾物の旨味が甘い白味噌に溶け合って滋味深い味。

110813_5_3

焼き茄子

茄子の皮はあまり好きではないのですが、茄子もきちんと焼くと、皮のエグミが旨味に変わります。水分がほどよく飛んで、茄子の旨味が凝縮。丁度良い塩味がついて、これだけで十分美味しい。

110813_6_2

焼き万願寺

万願寺ってこんなに肉厚で美味しかったっけ?こちらもちょうどよい醤油味がついてます。

110813_7_3

長いもの天ぷら

110813_8_3

貝豆と人参の掻き揚げ

110813_9_4

夏野菜の炊き合わせ

出汁はクリアなトマト出汁。見た目も涼やかで夏野菜の旨味が溶け合っています。

110813_10_4

しば漬け

110813_11_2

色々出して頂くんですけどね、あっしはこれが一番好きなんですよ。柾のご飯と漬物は本当に美味しい。普段家で食べてるものだからこそ、美味しさの違いがよくわかるからなのか、単に飯が美味しいからのか。手作りのしば漬けの酸味が白飯とよくあうのです。夏はさっぱり白飯が美味しいです。

堪能致しました。ご馳走さまでした!

来年は食材次第とのことです。プレッシャーですよ、店長。

by akko

|

« 火鉢クラブ的納涼カフェ in 市田邸 | トップページ | えごま葉入荷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 火鉢クラブ的納涼カフェ in 市田邸 | トップページ | えごま葉入荷 »