« 9月17日(土)はエコマルの朝市day | トップページ | 9月18日(日)はTee'sでマルシェの日 »

2011年9月14日 (水)

トーク&ライヴ「これから起こる、本当のこと。」

大手新聞、大手各メディアからの情報だけでは、とても今そしてこれから起こることの真実は知りようがない。

昔からそうやって慣らされていたんだな~

まだまだ受動的でいたんじゃ、結局洗脳されちゃうけど、能動的に動けば真実が見えてくる。そう思えば、これからの時代は過去と違う光明が見えるというものだ。

さて、イベントのお知らせ。縁あるところから紹介されました。僕も行きます。

・・・・・以下、「DAYSから視る日々」から引用させてもらいました・・・・・

トーク&ライヴ「これから起こる、本当のこと。」

9/21(水) 19:00~、文京シビック小ホールにて開催!

Omote0902_2

Ura0902_2

福島第一原発の事故により、国内産の農作物、海産物の多くが放射能汚染されています。

特に子どもや妊婦、これから妊娠する可能性がある女性のことを考えると、食品の放射能検査やベクレル値の表示、さらにホールボディカウンターによる内部被曝の測定は急務です。

そこで、『DAYS JAPAN』編集長の広河隆一氏を中心に、東京に市民による放射能測定センターを作ろうというプロジェクトが立ち上がりました。

そのキックオフイベントとして、9/21(水)の夜に、文京シビック小ホールにて、広河隆一氏と夫婦漫才“おしどり”のトークイベントをおこないます。

さらに、歌手でチェルノブイリ被曝者でもあるナターシャ・グジーも駆けつけ、ミニライヴをおこなってくれます。

ぜひお誘い合わせの上、お越し下さい!

===<イベント概要>===

【トーク&ライヴ「これから起こる、本当のこと。】

2011年9月21日 19:00(開場18:30) - 21:30
文京シビック 小ホール
http://www.b-academy.jp/b-civichall/access/access.html

チェルノブイリ原発事故発生以降、24年に渡り取材と支援活動を続けてきたフォトジャーナリスト・広河隆一氏と、福島原発事故発生後から東電記者会見に通い、真実を追及し続けている夫婦漫才の“おしどり”が、メディアが伝えない内部被曝の真実とこれからを語ります。

さらに、ウクライナで生まれ、6歳のときにチェルノブイリ原発からわずか3.5kmで被曝した歌手のナターシャ・グジーさんも駆けつけ、ミニライヴをおこないます!

<出演>
広河隆一 (フォトジャーナリスト、『DAYS JAPAN』編集長)
おしどり マコ&ケン(芸人)
ナターシャ・グジー(歌手・バンドゥーラ奏者)

<入場料>
1,500円(収益は東京放射能測定センターの設立資金に充てられます)

<主催>
 東京放射能測定センター 設立準備委員会

<後援>
DAYS JAPAN
チェルノブイリ子ども基金

<ご予約>
予約フォームよりお申し込みください
http://bit.ly/o3wMmG

・・・・・ここまで引用させてもらいました・・・・・

出演者の方々は、みなさん魅力的な方たちですが、個人的には「おしどり」に注目。吉本所属の芸人コンビですが、今回の原発事故での東電会見において、おしどりのマコさんの存在は甚大なものがあるようです。

僕は、そのことをポッドキャスト、「オンザウェイジャーナル~上杉隆ニュースの見方(8月4日放送分)」で知ったのですが、興味ある方ぜひ聞いてみて下さい。

ではご都合あえば、ぜひイベントに足を伸ばしてくださいね~

by店長

|

« 9月17日(土)はエコマルの朝市day | トップページ | 9月18日(日)はTee'sでマルシェの日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月17日(土)はエコマルの朝市day | トップページ | 9月18日(日)はTee'sでマルシェの日 »