« 入荷予定 | トップページ | 1月の出汁取り教室のお知らせ »

2011年12月26日 (月)

葱食べ比べ

Negi_0011

12~3月、栃木県益子の藤田さんから、葱が3種類届く。

左から、一本葱、赤葱、九条葱。

この3種の使い分けを考察中。

Negi_0091

斜め切の炒め

Negi_0121

ブツ切の焼き、など

Negi_0051

細身で、緑の部分を頂く九条葱は、シャキシャキした食感を生かして、茹で葱、斜め切の炒め物、スープなど短時間料理にむきそう。

色よく茹でて、胡麻油と塩で和えたもの。緑の葉野菜と、白い甘い部分を頂きます。

Negi_0081

5分蒸した一本葱はトロリんちょ。甘くてそのままで美味しいです。

蒸野菜好きな方におすすめです。

太くて生でも柔らかい一本葱は、長時間加熱するとねっとりした甘さが出てくる。

じっくり焼き葱、煮魚の付け合せ、鍋にもよし。ただしすき焼きには赤葱があいます。(短時間で味付けが濃いためと思われる)

ブツ切にして天ぷらや、丸ごと鶏飯にしたり、刻み葱なんかもいけそうです。

Negi_0251

赤葱は、色を生かすならマリネや、ぬた、酢のもの系、と勝手に思っていましたが、3種すき焼き勝負をしたところ、赤葱がヴィクトリー!一本葱の一人勝ちかと思っていたので意外な結果でした。

赤葱はちょっとハマる味です。3種の中では一番甘味が強く、鍋にもあう万能タイプ。

う~ん、まだまだどれも実験の余地あり。今回の考察を元に更に葱を食べてみます。

葱で風邪知らずな冬を過ごしましょう!

|

« 入荷予定 | トップページ | 1月の出汁取り教室のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入荷予定 | トップページ | 1月の出汁取り教室のお知らせ »