« 干し柿 キターーッ | トップページ | 年末年始のお知らせ »

2011年12月28日 (水)

「どうしてだろうと」 言語造形より

大分県の安心院で、ぶどうを無農薬栽培している山下さん。

 →2010年に伺った時の訪問記ブログはこちら

彼は朗唱家(言語造形家)でもあり、知人のオイリュトミスト、ピアニストと共に1年ないしは2年に1回ほど公演を行っている。

今年も年末にやられるということを彼のブログで知り、昨日その公演に行ってきた。

言語造形って? オイリュトミーって? ということはまだ私自身が説明できるほどに知っていないので、説明なしでご勘弁を。

ただ、公演中に山下さんが朗唱した詩のひとつが特に心に響いたので、ブログに書きたくなりました。

まどみちおさんという詩人の詩とのこと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「どうしてだろうと」 まどみちお

どうしてだろうと

おもうことがある

なんまん なんおくねん

こんなに すきとおる

ひのひかりの なかに いきてきて

こんなに すきとおる

くうきを すいつづけてきて

こんなに すきとおる

みずを のみつづけてきて

わたしたちは

そして わたしたちの することは

どうして

すきとおっては こないのだろうと・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この詩を山下さんが、しっかりと、ゆっくりと、はっきりと朗唱した。

渋かった。そして心に沁みました。

by 店長

|

« 干し柿 キターーッ | トップページ | 年末年始のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 干し柿 キターーッ | トップページ | 年末年始のお知らせ »