« かぼちゃ祭り | トップページ | 10月の朝市のお知らせ »

2012年10月14日 (日)

映画「攻撃される科学者たち」

昨晩、「攻撃される科学者たち(仮題)」という映画の試写会を観てきました。

Scientists_under_attack_01

チラシはこちらのPDFファイルで参照ください ↓

「scientists_under_attack.pdf」をダウンロード

この映画配給をなさっている小林大木企画さん主催の試写会でした。

監督はベルトラム・フェアハークという方で、一貫して民主主義と科学の関係を追い続け、今までにも核・放射能や遺伝子組み換え関連の意欲作を世に送り出し、ドイツやアメリカ等でヒットしているようです。

今回の、「攻撃される科学者たち(仮題)」は遺伝子組み換えの問題を背景に、科学者と経済界の癒着をあぶりだした作品。

遺伝子組み換えに疑義を唱えると科学者は徹底的に干される。

原発ムラの実態をつぶさに見ている今の我々にはさもありなんという状況。でも同じような実態が地球上にはびこっている。

とってもヤバイ。気付いた時にはすでに遅い、そんなことばっかり。

示唆に富む、とても見ごたえのある映画でした。

12月から各地で上映をされる予定とのことで、皮切りに12月6日に中野の野方区民ホールで開催予定とのことです。

この監督の遺伝子組み換えを問う作品は、他に2作あります。私はまだ観ていないのですが、なんとかエコマルで上映できないかな~と考えています。

by店長

|

« かぼちゃ祭り | トップページ | 10月の朝市のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かぼちゃ祭り | トップページ | 10月の朝市のお知らせ »