« 11月の朝市のお知らせ | トップページ | 入荷予定 »

2012年11月 5日 (月)

宿儺かぼちゃ入荷します

11

岐阜県飛騨高山の丹生川で栽培されている在来のかぼちゃ、宿儺かぼちゃ。

送ってくれたのは、無肥料栽培で美味しいトマトを作っている清水さんだ。

とりあえず、いつものように煮てみたところ惨敗したのが前回。

あまりのひどさに、かわいそうに思ったのか(?)柾の大将が勉強に食べさしてくれた。(感謝)

1_3

見た目が違うし、まったりとした食感。デンプン質の粒子が細かく、ねっとりとまとわりつく。ここまで、火を入れるんですね。自分の作った煮つけは半煮えだったことが判明。

シェフからはソテーすると美味しいと聞いて、オリーブオイルと塩でソテーしてみた。

1_4

ソテーというか、フライパンで焼いただけなんですが、前回の失敗をふまえて、しっかり火を入れた。

う、ウマ!手が止まらない~!

こんなにかぼちゃ食べたの始めて、というくらいバクバク食べた。

素朴で緻密なほっくりとした食感。

すんごい食べたのに喉がつまったり、腹がはちきれない。

体への通りがいいというか、相性がいい感じなのだ。

店でも扱っている、普通に流通しているかぼちゃは、

熟す前はホッコホコでデンプンの粒子が粗い感じで、熟すとかなりの甘さになる。かぼちゃの味というより、「甘い」という印象のかぼちゃが多い。

どうやら、在来のかぼちゃはこんなに糖度が高くなかったようだ。

しかし「かぼちゃは甘くてホコホコ」という認識が強いなか、食べ方を知らないと、この素朴な味わいは気がつかない。

宿儺かぼちゃの均一性のない、美しい形は流通には難しく、生産量も少ないのでほとんど販売していない。

このかぼちゃ、興味のある人に知ってほしいな、ということで、

清水さんのところに少々宿儺かぼちゃが残っているそうなので、送って頂けそうだ。

¥900/kg(予価)で、1本2kg~3kgくらい。入荷してみないとどんなのが来るかわからないのと、形があひるみたいなので、切り売りすると不公平になるので1本での販売が基本です。

興味のある方はお申し出ください。美味しくて1本ペロリと食べちゃいますよ。akko

|

« 11月の朝市のお知らせ | トップページ | 入荷予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月の朝市のお知らせ | トップページ | 入荷予定 »