« 12月の朝市のお知らせ | トップページ | 入荷予定 »

2012年12月 6日 (木)

新潟の「かきのもと」

1_3

新潟の知人より食用菊「かきのもと」が送られてきた。

新潟では「かきのもと」、山形に入ると「もってのほか」という愛称で呼ばれる。

品種名は「延命楽」、由来は中国の漢方薬として使われていたものが、日本に入ってきて品種改良されたものだそうだ。

日本海側ではよく食卓にのぼるそうで、青森に行ったときも、大根サラダに普通に入っていたのに「へぇー」と思ったもんだ。

ありがたく頂戴し、普段食べなれないので、色々チャレンジしてみました。

1_5

茹でると、花の香りが広がって、それだけで華やかな気分になる。

まずは、お浸し。ほの甘く、弱いかと思ったら、シャキシャキした食感が持続する。意外に濃い味付けがいけそうだ。

1_6

たたいた長芋とあえもの。

1_7
いつもの壬生菜のお浸しも、入れるだけでグンと美しくなります。

1_8
炊きあがってすぐに、菜飯にして生のまま入れてみました。

おひつの中ではあまりの美しさにうっとりしましたが、飯椀に分けるときには色が変わってた。茹でてから入れたほうがきれいかもしれませんが、生だと花の香りが立ち上って、それもまたよかったです。

見て美しく、香りよく、味って楽しむ「かきのもと」。

食卓に華を添えて頂き、また新しい味を知りました。

ありがとうございます!

~~~~~~

追記 12月12日

1_4

ほうれん草と春菊の海苔巻きと、春菊とかきのもとの白和え

海苔巻きは韓国海苔でも美味しいかもしれない。

|

« 12月の朝市のお知らせ | トップページ | 入荷予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月の朝市のお知らせ | トップページ | 入荷予定 »