« 入荷予定 | トップページ | 熊本の野菜が始まった »

2013年2月19日 (火)

いが野の農園の菜花を食べてみた

P10003561

今が旬、いが野の農園の菜花。

アブラナ科の花芽や脇芽で総称して「なばな」といい、なばなと言っても種類が色々ある。

いが野の農園さんから届くなばなは、菜花、三重なばな、アスパラ菜、紅菜苔。どれもそれぞれ味わいがあり、共通しているのは、なばな特有のホロ苦さ。なばなを色々食べてみたよ。

1

菜花チャーハン 2人前
1、 卵2個を溶いて、茶碗2杯のご飯を混ぜておく。
2、 鶏胸肉75gを1cm角に切って、酒、塩少々をふる。
3、 菜花1pcをみじん切りに切る。(茎は細かめ、葉は大き目)
4、 フライパンに油大さじ3を入れて熱し、2の肉を炒める。
5、 肉に火が通ったら、にんにくのみじん切り、塩少々、1のご飯をほぐしながら入れて広げて、中火でご飯がパラパラになるまで炒める(5~6分くらい)
6、 3の菜花を入れ、ざっくり炒める。
7、 菜花に火が通ったら、薄口醤油小さじ2を鍋肌に入れてご飯と混ぜる。

1_2

紅菜苔

茹でるより、炒めたほうが紫色の茎が鮮やかだ。

1_3
紅菜苔のアンチョビパスタ 2人前
1、紅菜苔2パックを、茎と葉に分けて3cm位に切っておく。パスタを茹でる。
2、フライパンにオリーブオイル大さじ3、アンチョビ2切れ、にんにくのみじん切、
輪切り唐辛子少々を入れて炒める。アンチョビがつぶれたら、パスタの茹で汁を少々入れて、加熱を止める。
3、 パスタが茹で上がる3分前に、紅菜苔の茎を2のフライパンに入れて炒める。
火が通ったら、葉の部分も入れて炒める。
4、 茹であがったパスタを入れて炒め混ぜる。

0901_011

三重なばな

脇芽でシャキシャキした味わい。手でポキポキ折って使える。

1_4

三重なばなと豆腐の炒め煮
1、 三重なばな(1pc)を5cmくらいに手で折って洗い、水気をきって胡麻油大さじ1で
炒める。
2、 三重なばなが柔らかくなったら、出汁1/2カップを入れ、塩少々、酒大さじ1、
絹豆腐1/2丁を崩しながら入れる。
3、 豆腐が温まったら、薄口醤油大さじ1/2を入れて味を調えてできあがり。

0901_021

アスパラ菜

茎が太く、アスパラのような甘みがある。

1_5

アスパラ菜の粒マスタードポテトサラダ
1、 握りこぶし分くらいのじゃが芋を茹でて、熱いうちに皮を剥き、
つぶして塩、酢、オリーブオイルで下味をつけて冷ましておく。
2、 アスパラ菜は1%の塩分で茹でて、一口大に切って水分を絞っておく。
3、 マヨネーズ大さじ2、粒マスタード小さじ1~2を混ぜて、1のじゃが芋と混ぜる。
4、 アスパラ菜と3のじゃが芋を和える。

などなど。

なばなの旬は短い。春の味わいをご堪能ください。

|

« 入荷予定 | トップページ | 熊本の野菜が始まった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入荷予定 | トップページ | 熊本の野菜が始まった »