« 入荷予定 | トップページ | 入荷予定 »

2013年2月 6日 (水)

かつお解体くんの本物を食べてみた

31

こちらは「かつお解体くん」。鰹節の背節、腹節をビジュアルで理解できるキャラだ。

61

鰹を三枚におろして、背節、腹節に分けるのですが、

その製造行程中に出る「腹皮」。トロに当る部分で脂が強いので外される。

71

そして、心臓と内臓。

鰹は捨てるところがなく、現地では腹皮も心臓も調理して食べるという。店長が枕崎の土産に買ってきてくれた。

1

こちらは「腹皮」。

お土産用の急速冷凍で、「あぶって食べると焼酎にぴったり!」「生でカルパッチョに!」との説明書き。

枕崎ではもちろん生鮮で食べる。

テレビで、鰹節製造の一家が、お昼にゆでた腹皮をご飯にのっけて、2,3本食べてたっけ。

1_2

焼いて、大根おろしで食べてみた。2,3本はとても無理だった。海の男は豪快だ。

1_3

脂がかなり強いので、ぶり大根風に濃いめに煮つけてみた。

これなら、(ひ弱な)東京っこでも食べられる(?)。

1_4

鰹の心臓。現地では「珍子」と呼ばれる。

1_5

血抜きして炒め物に。食感は固いレバーみたいです。残りは佃煮に。

1_6

こちらは、鰹の卵「真子」。あの解体くんの中にあった黄色い物体は、内臓ではなく「真子」であった。

1_7

真子は豆腐と濃いめの味付けで煮物に。

これで解体くんの謎が解けたぞ!

店長ご馳走様です。

akko

|

« 入荷予定 | トップページ | 入荷予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入荷予定 | トップページ | 入荷予定 »