« 野菜の入荷予定 ~7月16日(火)分 | トップページ | 野菜の入荷予定 ~7月19日(金)分 »

2013年7月15日 (月)

鍋で炊く美味しいご飯炊き教室

20130714_1057041

今日は店内にて、「柾」の真崎さんによる、鍋で炊く美味しいご飯の炊き方教室。。

どんな鍋でも、十数分で飯が炊ける、

そして美味しい!という炊き方を教えて頂きます。

20130714_1027231

①米は洗って、冷蔵庫で浸水2時間以上。

②吸水した米の容積の、0.7~0.9倍の水の量で炊く。

この水の量は、使う鍋で変わる(厚さ、大きさなど)ので、自分の鍋がどれくらい水を必要とするかは、毎日の炊飯でベストな量をさぐっていきましょう、とのこと。

③鍋に米と水を入れたら蓋をせず、ガスは全開で火にかける。

④米が水を吸って、米が表面から顔を出し始めたら蓋をする。火はまだ全開。

⑤鍋から、チリチリという音が出始めたら蛍火にして蒸らしの段階に入る。

蒸らしによる加熱がポイント。水蒸気が水になって、落ちて米の表面につくとベチャっとなるのでその状態を避けるため、加熱は続ける。

⑥蒸らしが終わるのは勘所。目安として2~4分。トータルの加熱時間が11~12分なのを考えてだいたい決める。

開けてみて飯が硬かったら水を足すなどの対応を。

⑦お櫃に移す。お櫃が無い場合はボールに移し乾かないようにに布巾をかける。

⑧おこげができたら、弱火で加熱を続けるときれいに剥がれる。

まずは、真崎さんのデモ炊飯を見てから、

20130714_1057081
各自で炊飯。

毎日使っている鍋を持参した方も。多重層鍋、土鍋、鉄鍋、違う鍋を使って、同じ分量の米、水で、いっせいにスタート!

なるほど、鍋によって吹き上がる時間が違います。

意外に早く蓋をしたのが多重層鍋。その分蒸らし時間を長めに。

土鍋は火が回るまで時間がかかりますが、いったん火が入ると蓄熱性が高く火がどんどん入っていくので、少量炊きには難しそう。

鉄鍋は、一番使いやすそうでした。

20130714_1103561_3

鉄鍋

20130714_1103591

ステンレス多重層鍋

 

20130714_1104061_3

土鍋

どの鍋も美味しく炊けてます!

その後、みんなでテーブルを囲み、自分で炊いたご飯と味噌汁、そして柾さん特製の

20130714_1144371

ご飯の友と頂きます。

大根の皮のキンピラと茄子の味噌炒め。

これが、美味しいのなんのって。

ご飯、味噌汁、常備菜、これだけで、心もお腹も満たされる十分豊かな食卓。

毎日の食卓に特別なものはなくていいのだと、心から実感できます。

料理はしないという方も、ご飯炊きは料理というより毎日を豊かに暮らす技の一つです。

これだけで、食事は美味しく、明日への活力を養います。

きっと余るだろうと思っていたら、今日のご飯はみんなで完食。

鍋炊きご飯があれば夏バテしなさそうですね。

みなさんに、ぜひやって頂きたい、鍋での美味しいご飯炊き。

なので毎月開催致します。(詳細は後日連絡致します)

忙しくて、毎日外食やお弁当になってしまうという方も、まずはご飯炊きを生活の一つに加えてみませんか。

もちろん、更に美味しいご飯炊きのステップアップをしたい方にもぜひ。

本日ご参加頂いた皆様ありがとうございました。

おうちで楽しく復習してくださいね。

来月はもうちょっと詳しく載せたいと思います。

|

« 野菜の入荷予定 ~7月16日(火)分 | トップページ | 野菜の入荷予定 ~7月19日(金)分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野菜の入荷予定 ~7月16日(火)分 | トップページ | 野菜の入荷予定 ~7月19日(金)分 »