« 朝市開催 12月21日(日)! | トップページ | 野菜の入荷予定 ~12月23日(火)分 »

2014年12月18日 (木)

山形・遊佐町生まれの”もち米”「彦太郎糯」

山形県・庄内平野の北端に位置し、美しい鳥海山の麓に拡がる遊佐町(ゆざまち)。

その遊佐町で生まれた「彦太郎糯(ひこたろうもち)」と名付けられた糯米。

1408_81

大正13年に民間の育種家、常田彦吉によって育種され、「味よし、粘りよし」そして冷害にも強いということで昭和30年代までは広く東北各地で栽培されてきました。ただ、稲丈が1.5メートルほどに達することで、風雨によって倒伏しやすく、時代とともにだんだんと敬遠され、ついには栽培が途絶えてしまいました。

そして時代が下り、この遊佐生まれの希少な糯米を廃れさせたままでいいのか!と遊佐の若い農家が立ち上がり、少しずつですが栽培が復活しました。

その彦太郎糯を栽培する1人の農家と偶然にも縁がつながり、畑を訪ね、彼に会ってきました。

1408_82
(遊佐の若き農家の池田さん)

そして今年の新米が収穫され、彦太郎糯を使った「丸餅」ができたとの報を得て、早速送ってもらい食べたところ、美味しい!

1

伸びもよく、ほのかな繊細な甘みがふうわりと拡がっていく。素の味わいがよいので、醤油をつけるのがもったいないくらい。

そこで、今冬はこのありがたくも出会った、彦太郎糯の丸餅を皆さんにご紹介させていただこうと思います。

栽培には農薬は2回ほど、肥料も少量使われておりますこと、ご了解下さい。

<彦太郎糯の丸餅>

2

・1個/90円
・1つの重さは45g前後で、一般的な餅より若干小さめかもしれませんが、食べるのに丁度よいとも思います。
・個包装でエイジレス(脱酸素剤)が入っています。
・賞味期限は2月末です。

<ご注文などについて>

・販売は12月23日(火)開始予定です。売り切れ次第終了いたします。
・ご注文は個数でお申し込み下さい。

何かご不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

ぜひ、”彦太郎糯”をお試し下さいませ!

====================
エコマルシェ
〒171-0021 豊島区西池袋5-12-3
Tel: 070-6563-6095   fax:03-3971-1769
e-mail:mail@ecomaru.info
web:http://www.ecomaru.info/

|

« 朝市開催 12月21日(日)! | トップページ | 野菜の入荷予定 ~12月23日(火)分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝市開催 12月21日(日)! | トップページ | 野菜の入荷予定 ~12月23日(火)分 »