« 三重県松阪市/深野棚田を訪ねて | トップページ | 野菜の入荷予定 ~11月8日(火)分 »

2016年11月 3日 (木)

飛騨の清水さんを訪ねて

10月初旬にも産地に行ってきました!

久々に飛騨の清水之雄さんに会いに、下呂温泉の近くの飛騨萩原まで。家から車で行ったが、結構かかった。休み休みで5時間以上。

清水さんと初めてお会いしたのは2008年の2月。ちょうどGOEN農場の服部さんのところに行った際に、そちらで偶然お会いし、お会いしたついでに当時は飛騨高山の方の丹生川というところに畑があるということで、そのままついて行った。

2月の丹生川、かなり雪が深くてジムニーで行ったものの、少々焦った覚えがある。なつかしい、8年前か。

さて、清水さんは昨年から下呂温泉近く、元々生まれがそちらということもあり、そこで野菜の栽培を新たに再開されたということで、訪問。

いろいろ書こうと思うと進まないので、写真メインでご報告します!

1610_28

1610_29

今頃は刈取りも終わり、天日干し中の米。品種は「龍の瞳」。粒が大きくておいしい米。

1610_35

つるむらさき。背丈ほどの大きさに誘引されている。葉っぱも大きい。ここにきて葉の甘みが強くなってきた感じがする。とてもおいしい。

1610_31

1610_41

上2枚もつるむらさき。花の部分と黒いのは実?かな。

1610_33

1610_34

1610_36

ミニトマトは6種類くらい作っている。今の時期は、そろそろ終盤。

1610_44

1610_42

大玉トマトは成り始めが遅かったので、まだ出そうだが、強い寒さがくれば、どたっと終わるかもしれない。ハウスといえど、11月ですからね。

1610_54

9月終わりごろまで出ていて好評だったエゴマの葉。当日見たときは実ができていて、葉もすでにこわく(硬く)なっていました。

1610_53

飛騨ネギは少ないようでしたが、まだこれから少し出る予定。

1610_37

1610_38

1610_39

上3枚は飛騨地方の在来品種「秋縞ささげ」。さやの表面に縞模様があるのが特徴。まだまだ出荷中です。

1610_51

1610_52

「うま辛とうがらし」と称してうっているとうがらし。本当にうま辛です。辛いだけじゃない、これを炒め物とかに使うと、辛いけどうまくて止まらない感じになります。

1610_13

ちなみに近くの中津川市では同様のとうがらしですが、「あじめコショウ」といい、在来品種として有名です。道端にはどーんとこんな看板まで立っていました。

と早足で来ましたが、最後に清水之雄さんをご紹介。

1610_49

心根とても優しく、植物や自然と心を通わせ、畑に向き合う日々です。

久々に畑でお会いできてよかった!

清水さんの野菜はあとまだ1か月くらいは出るかなと思います。あとは寒さ次第。

by店長

 

|

« 三重県松阪市/深野棚田を訪ねて | トップページ | 野菜の入荷予定 ~11月8日(火)分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三重県松阪市/深野棚田を訪ねて | トップページ | 野菜の入荷予定 ~11月8日(火)分 »