2013年5月 7日 (火)

無塩菜食をやってみた

250505_31

ゴールデンウィークは、友人と、店で無塩菜食をやってみた。

昨年、三島の無塩食排毒セミナーで体験し、エコマルの食材でもできそう!と思っていたのと、

友人もやってみたい!というので、試みに決行。

本当は3泊4日の合宿で、6食(朝食は抜く)ところを、今回は2日間で4食。

「食べろ、食べろ!」という三島の國清先生の言うとおり、バイキングできるくらいの品目にしてみた。

無塩食排毒セミナーについてはこちらをご参考ください。無塩食友の会

続きを読む "無塩菜食をやってみた"

| | コメント (2)

2012年8月16日 (木)

沖ヨガ道場「無塩食排毒セミナー」に行ってきました

20120812_1312321

8月11日(土)~14日(火)に静岡県三島にある沖ヨガ道場の「無塩排毒セミナー」に参加してきました。

ヨガの加藤先生の思い出話に度々登場する、沖正弘導師の沖ヨガ道場。一度行ってみたいと思っていたら、現在は断食道場に変わっていました。

しかも、ただの断食ではない、、、「無塩排毒」ってなんだ?

断食中でも塩は必要って言ってるのに、食事から塩抜いて大丈夫なの?

食べてたら断食にならないじゃない?等々、ヨガの先輩や友人に聞きまくって、

経験しなければわからない、ということで参加してきました。

続きを読む "沖ヨガ道場「無塩食排毒セミナー」に行ってきました"

| | コメント (2)

2012年4月11日 (水)

卒寿の会

1_2

エコ丸のお客様。御年90歳!初めて年齢を聞いたときはのけ反りました。

卒寿の会に招待され、その美と健康の秘密を探りに行ってきました。

5年前に13歳年下の方とご結婚。ケーキカットしていなかったので、今日いっしょにとのこと。

Iroiro_0081

Iroiro_0091
日本舞踊の先生です。

足腰がしっかりしているのと、いつも踊りのことを考えるので頭をよく使う、とのこと。

Pann_0051

これが本当の美魔女だ!(店の汚さは対比効果です)

前向きに生きる、くよくよしない、好奇心をもつ、おしゃれをする。

「歳をとるって悪くないわよ」とのこと。

良い年齢の重ね方をしていきたいものです。

「9年後も出席してね♡」

負けそ~

by akko

| | コメント (0)

2011年7月31日 (日)

御嶽山に行ってきました

Yamabushi_0861

今年の夏休みは交代制。お先に夏休みを頂き、合気道の先輩達と御嶽山に登ってきました。

続きを読む "御嶽山に行ってきました"

| | コメント (0)

2011年6月23日 (木)

行ってきました「木の屋石巻水産」

P10604551

先日、店長がボランティアに行った「木の屋石巻水産」。

P10604491

「女性でもできそうな作業だよ」と店長のお許し(?)が出て、わたくしも行ってまいりました。

P10604571

今日の作業も同じく、がれきの中からの缶詰救出作業。

P10604581

掘り出して、

P10604511

水に漬けて、その後洗浄。水道が復旧してないので、水が大変貴重。なので掘り出したときに結構泥を落とす。洗浄後、木の屋さんの支援として一部で販売している。エコマルでも、朝市で販売させて頂いた。

作業は単調だが、結構つらい作業だ。なので一時間ごとに休憩が入る。

木の屋さんの缶詰は大変美味しい。

普通の魚の缶詰は冷凍魚を使うところを生の魚を使って、更に手詰めで詰めているため、魚の旨味を余すことなく缶に詰め込む。

なので、木の屋さんの缶詰は

缶詰というより「魚を食べてる」って感じで、夕食の一品になってしまう美味しさ。

しかも、固くて廃棄になるような部分、つまり筋とかエラとか栄養があるけど通常調理では固くてちょっと、という部分も缶詰の高圧処理で柔らかく食べられる。そういう部分にこそ、DHAとか、コラーゲンとかたっぷり入ってるので、肌にも頭にも良い栄養がたっぷり。

みんな食べなきゃだめだよ。

しかも、化学調味料を一切使っていない。

使う調味料も、地元の味噌、醤油、喜界島の砂糖などこだわっている。

そもそも、木の屋さんの缶詰を知ったのは、昨年、松島を旅行したときだった。

お魚市場で化学調味料や合成保存料など使用していないお土産は「木の屋石巻水産の缶詰」だけだった。あのときの缶詰がこんなご縁になるとはなぁ~とちょっとシミジミしたりして。

他のボランティアの方も、

「木の屋さんの缶詰のファンなんで~」

と、ボランティアが個人的に毎日来ているようで後を絶たない。

「普通の缶詰は5000個作れるところを、うちは1000個しか作れないんです。自信もって作っています。」

自身に偽りなく、真っ当に仕事するって大事だなぁ~と思った。

縁というのはどこでつながっているかわからない。

今日、手にした一つの缶詰が自分の人生を変えるかもしれない、

黙々と作業をしながら、様々な思いが走馬灯してしまいました。(最後は疲れて無心)

P10604541

(漢字間違ってます)

ボランティアはまだまだ募集中。

まだ30万個の黄金の缶詰が眠っている。

数えたら、一日作業して、4人で約1000個くらいだった。40人で一万個。×30で

1200人来れば、終わるかな?

akko

| | コメント (2)