2018年5月 8日 (火)

6月2日(土)野菜のワークショップのお知らせ

今回の食材は「藤田至善農園さんのレタス」です。

100426_18

サラダで食べるのが定番ですが、加熱しても美味しい野菜です。

今回は、レタスを加熱して食べる食べ方と、サラダをもっと美味しく食べるために、「ツナ」と「マヨネーズ」を手作りするワークショップです。

今が旬のレタスをあの手この手で美味しく食べちゃいます。

27484809_1439995486106271_1719791_2

料理のガイド役はますみ食堂の渡邊ますみさん。

長年、エコマルシェの野菜ボックスをご利用頂き、家族にはもちろん、癒しの料理を作る料理教室を開催しています。

今回のメニューはこんな感じです!

3

肉よりレタスが多いヘルシー餃子。

6

焼きレタスの麻婆あんかけ。

麻婆は、担々麺好きなますみさんのご主人が考案した特製レシピです。

このレシピを知っておけば、もう麻婆に迷いはありません!?

5

手作りのツナとマヨネーズ。

簡単なのに、こんなに美味しい!びっくりです!

ついでに、ツナとレタスでパスタを作ります。

そして、出汁取り教室でおなじみのレタス椀がつきます。

出汁も取りますよ~

ただの料理教室ではございません。

「作る人・食べる人・つながる」

というワークショップです。

100426_1

益子の藤田至善農園さんのレタス畑です。

なんでこんなに美味しいのかな、なぜ無肥料栽培できるのかな、どんな人が作っているの?

先日訪問した、藤田至善農園さんの畑の様子もスライドで見てみましょう。

藤田さんのレタスを食べると、

「レタスってこんなに美味しかったっけ?」

と、過去のレタスの記憶をひっぱり出すことでしょう。

美味しさの秘密はやっぱり畑と人にあるのです。

益子に行くことはできませんが、このワークショップで畑とのつながりを

感じてもらえれば嬉しいです。

見て、食べて、五感をフル活用して楽しんで下さい!

日時 6月2日(土)10~13時

料金 3500円

定員 6名

会場 平舎(場所はエコマルシェと同住所)

持ち物 エプロン、筆記具

お申込みはメール・FAXにてお待ちしております。

(申し込み後、参加費の振込をもって本申し込みとさせて頂きます。)

皆様のご参加お待ちしております!

| | コメント (0)

2018年3月17日 (土)

2018年4月21日(土)開催「手作りみそ仕込会」のお知らせ

150328_14

ありがたくもご要望の声をいただきましたのを受け、今季「手作りみそ仕込会」を追加開催いたします!

150228_2

材料や道具はこちらで揃えますので、大変お手軽。初めての方も無理なくご参加できます。当日、自分で約4.5kg分のみそを仕込んで、お持ち帰り頂きます。ご自宅で熟成させて、来年の秋には手前味噌のできあがりです!

過去に行ったみそ仕込会の模様がブログの過去記事にありますので、ご参照ください。→こちら

下記、ご都合の良い日程でお申込み下さい!

●開催日時:

 2018年 4月21日(土) 10:00~12:00

●会場: エコマルシェ

●料金: 5800円(材料費込み ※国産無農薬大豆・海塩・白米生糀・落とし蓋)
  仕込容器(5ℓのポリ樽)をご入用の場合は、別途700円を頂戴いたします。
  みそは約4.5kg分お持ち帰りいただけます。

●定員:15名 (お子様連れなどでの参加の方はその旨、申し込み時にお伝えください)

 ※定員に達し次第、締め切りととさせていただきます。

●持ち物:エプロン、筆記具、みそ持ち帰り用の風呂敷やバッグ
  仕込容器(5ℓのポリ樽)は直径・高さとも20㎝くらいになります。

●お問い合わせ・お申し込みについて
 店頭、電話・FAX、メールにてお申し込みください。
 申し込み後、料金のお振込みをもって、参加申し込み受付となります。
 ※仕込容器(5ℓのポリ樽)をご入用の方は、お申し込み時にお伝えください。

●参加費のお支払いについて

・料金は振込の前払いをお願いいたします(4/11までにお願いいたします)。
・振込口座は下記になります(手数料はご負担願います)。
・【郵便振替】口座番号→00120-8-629229  加入者名→エコマルシェ
・料金は1人分・5800円です。仕込み容器をご希望の方は別途700円かかりますので、その場合の合計金額は6500円になります。

※お振込み後のお客様の都合による返金には一部応じさせていただきます。

●使う材料の詳細

・大豆→北海道、伊藤農園さんの無農薬無肥料栽培大豆です。

・米糀→練馬の糀屋三郎右衛門さん特製の生の米糀。

・塩→新潟県村上市、ミネラル工房の富樫さんがつくる海塩です。

●その他補足

・仕込会のあと用事があって持っていけないなどという方は、ゆうパックでの発送も可能です(送料お客様負担)。

皆さまのご参加をお待ちしています!

ご質問、ご不明点などありましたら、どうぞお気軽に下記までご連絡ください。

=======================
エコマルシェ 
〒171-0021 豊島区西池袋5-12-3
Tel: 070-6563-6095   fax:03-3971-1769
e-mail:mail@ecomaru.info
web:http://www.ecomaru.info/
facebook:http://www.facebook.com/ecomaru
twitter:ecomaru_info
=======================

| | コメント (0)

2018年2月23日 (金)

野菜ワークショップ・報告

27973317_1925804124105394_808496898

2月17日(土)に野菜ワークショップを開催しました。

益子の藤田至善農園さんの3種のねぎ
「九条ねぎ、一本ねぎ、赤ねぎ」を食べつくす会!

27858785_1925803074105499_489672192

まずは、ねぎを一本丸ごと焼いて試食。

それぞれのねぎについて、皆さんの様々な感想が出ます。

一般栽培の深谷ねぎも同時に試食しましたが、違いがわかったり、使い分けの意見も出たりして、さすがの「ねぎマニア」な面々。

藤田至善農園さんの畑の様子をスライドで見た後、みんなでクッキング!

27971975_1925803564105450_621603995

豪快な一本ねぎの豚バラ巻き焼き!

27867533_1925803094105497_703027863

栄養のある青ねぎをしっかり使う!ということで青ねぎレシピ2品。

28166740_1925803167438823_423495321

揚げものにしたり、

27973128_1925803427438797_643015580

なぜか参加者に焼き方職人さんが!ふわふわのねぎ焼きを焼いてくれました。
27972638_1925803380772135_559391594
出汁も取りましたので、ちょっと出汁取り教室も。

27867397_1925803340772139_366430612

赤ねぎは色をいかしてマリネに。

27972124_1925803697438770_519386363

九条ねぎは香りをいかした、お吸い物。

27973068_1925803880772085_764229702

一本ねぎはグラタンと、

28167950_1925803930772080_902510898

豚バラ巻き焼き。

28166901_1925803790772094_797938912

白ねぎを使った後の青ねぎは、ますみさん特性スジコン入りの葱焼きと、

28167211_1925803507438789_7745526_2

豆腐の落し揚げ。

27858922_1925803614105445_824549913

焼き葱には特製クリームチーズディップで頂きます。

27971647_1925803097438830_401847146

かんぱ~い!

27971659_1925804084105398_177028164

(あたちも飲みたい・・・)

131124_2

作る人(農家)と食べる人(私たち)が「つながる」という思いを込めた今回のワークショップ。(少しはつながったかな~)
当初、自分たちの思いだけが先行して、「ねぎ」だけで人が集まるのかしら、
と不安になりましたが、とても楽しい会になりました。
しかも、あんな会、こんな会のリクエストに勇気をもらった私たちでした。
ねぎだけの料理なのに、美味しくて飽きないことにびっくり。
ますみ食堂のますみさんの協力のおかげです。
次回もご協力頂き、ワークショップ開催の予定です。
次は何の野菜にしましょうか?!
ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。
またご案内致します!

| | コメント (0)

2018年2月 1日 (木)

2月17日(土)野菜のワークショップのお知らせ

今回の食材は「藤田至善農園さんの葱3種」です。

Negi_001


冬に最もお世話になる益子の藤田さんの葱、「一本葱、赤葱、九条葱」。
よ~く観察して、食べ比べ。この葱には、どんな食べ方があうかしら?それぞれに相応しい調理法で、みんなで料理して、美味しく葱を頂きましょう!

料理のガイド役には、長年エコマルシェの野菜を使って頂いている「ますみ食堂」の渡邊真澄さんにお願いしました。

27484809_1439995486106271_171979166

家族の心と腹を満たすうまうまご飯の料理人。「家で作れる料理」を提案して頂きました。
当日のメニューはこんな感じです!

一本葱の長芋グラタン、一本葱の豚バラ巻焼き、赤葱のマリネ、焼き葱のクリームチーズディップ、九条葱の和え物、青葱の落し揚げ、葱焼き等々。

27534993_1439998559439297_144181607

(写真は試作なので、たこ焼きです。)

こんなに作れるのかな・・・

色々ご紹介したくて、欲張ったメニューになってしまいました。

(みんなでがんばって作ろう)

ただの料理教室ではございません。

「作る人・食べる人・つながる」

というワークショップです。

Photo


益子の藤田至善農園さんの葱畑。

美しい~。

なんでこんなに美味しいのかな、なぜ無肥料栽培できるのかな、どんな人が作っているの?

先日訪問した、藤田至善農園さんの畑の様子もスライドで見てみましょう。

藤田さんの葱を食べると、

「葱ってこんなに美味しかったっけ?」

と、過去の葱の記憶をひっぱり出すことでしょう。

美味しさの秘密はやっぱり畑と人にあるのです。

益子に行くことはできませんが、このワークショップで畑とのつながりを

感じてもらえれば嬉しいです。

見て、食べて、五感をフル活用して楽しんで下さい!

日時 2月17日(土)10~13時

料金 3000円

定員 6名

会場 平舎(場所はエコマルシェと同住所)

持ち物 エプロン、筆記具

お申込みはメール・FAXにてお待ちしております。

(申し込み後、参加費の振込をもって本申し込みとさせて頂きます。)

皆様のご参加お待ちしております!

| | コメント (0)

2017年12月24日 (日)

年末・年始 及び 2018年1月からの営業変更のご案内です

「毎度ありがとうございます!」
 
2017年もあと残すところわずか。本年も大変お世話になりました!

当店の年末・年始の予定及び、2018年1月からの営業変更の件につきご案内いたします。
 
●12月29日(金)が野菜の年内最終入荷になります。
 
●新年1月9日(火)から発送を開始させていただきます。ご案内はあらためていたします。
 
●また2018年より、出荷日の変更がございます。
 従来出荷日は火曜・金曜の2日間でしたが、今後は火曜のみとなります。
 火曜入荷の野菜等の案内は前週火曜に行い、その締め切りは木曜日中とさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞご了解のほどお願いいたします。
 
寒さ厳しき折、くれぐれもお体ご自愛くださいませ。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2016年2月15日 (月)

春の薬膳教室開催しました

160213_6
2月13日(土)に「春の薬膳教室」を開催しましたのでご報告です。

中医薬膳研究会YAOの相良恵子さんを迎えて、初めての薬膳教室。

最初に春に気を付けたい薬膳の知識を30分ほど講義の後、みんなで調理実習。

160213_1
今まで、デモストレーション形式の料理教室はやっていましたが、初めての調理実習。

どうなるかしらと思いましたが、手際の良い参加者の皆様に助けられ、しっかりとご飯が作れました。

160213_3

皮や種、根っこもそれぞれ効能があるという一物全体の考えで、食材の使えるところは無駄なく使います。

こちらは、下ごしらえから出る皮、根っこなどを鍋に入れベジブロスを取るところ。この野菜の出汁でミネストローネを作ります。

注意点はアブラナ科の野菜を入れないということ。

入れると苦味が出てしまうそうです。知らないと、キャベツの芯とかブロッコリーの茎とか入れてしまいそう。

160213_2

春に使いたい、気を巡らす、香りの良いもの、ということで今日はローズマリーを使います。

160213_4

ローズマリーの枝をしごいて葉を取り除き、カジキマグロ、パプリカ、玉ねぎを串刺しです。

160213_5

炊飯器で炊く、「炊き込み補肝ピラフ」。

肝の働きを高めるうこん(ターメリック)を入れて炊く黄色いご飯。最後にレモンの皮をすりおろして入れる爽やかな香りのピラフです。

160213_6_3

こちらが、本日の3品。

炊き込み補肝ピラフ、カジキマグロのブロシェット、デトックスソース。

手前のグリーンソースが今が旬のほうれん草を使ったデトックスソース。

ほうれん草は血を補う作用があるそうです。ポパイのCMが思い出されます。(古)

写真にはないですが、ベジブロスを使った野菜たっぷりのミネストローネがつきます。

薬膳料理というと、特別な材料が必要に思ってしまいますが、今日使った食材は手に入りやすいものを使っています。手順も簡単で家に帰って作れるものばかりです。

旬の食材を使うことがもちろんですが、春はこんなことに気を付けたらいい、という薬膳の知識がちょっと加わると意識が高まるような気がします。

誰にでもできる簡単なことは

「冷たいものを飲まない、食べない」

だそうです。

アイスやビール、日本の食卓には意外に冷たいものが溢れています。

これを気を付けるだけでも少しは変わるかな。

ご参加頂いた皆様ありがとうございました。

皆様の食卓が更に豊かになりますように!

続きを読む "春の薬膳教室開催しました"

| | コメント (0)

2016年1月13日 (水)

春の薬膳教室のご案内☆

150301_13_2

薬膳について、ちょっと知りたい!という方に、簡単薬膳教室を開催することになりました。

薬膳の基本と、春の食事にどのように取り入れ、料理するか、ということを教えて頂き、一緒に料理して頂きます。薬膳の知識を取り入れて、冬から春の身体に緩やかにチェンジしていきましょう!

日時:2016年2月13日土曜日 16時~18時

内容

講義 春の薬膳について

調理実習メニュー

炊きこみ補肝ピラフ

カジキマグロのブロシェット・デトックスコース

ミネストローネ         計3品

講師 中医薬膳研究会Yao  相良恵子

会費 ¥3500

場所  エコマルシェ

参加者 8名

お申込みはエコマルシェまで、メール、FAXでお待ちしております。

(お申し込み後、参加費のお振込みをもって受け付けになります)

講師の相良さんは、カルチャースクールや地域での薬膳教室を開催しており、「簡単に、誰でも作れる」薬膳ごはんを教えて頂きます。薬膳って難しそ~と思う方、ぜひ一緒に作ってみましょう!

皆様のご参加をお待ちしております!

| | コメント (0)

2015年11月13日 (金)

11/15にしいけマルシェおすすめ商品のご紹介③

manmaさんの生アーモンドバターと椿油

20120809_1144421

この2つも、冬に登場する商品です。

生アーモンドバターは生のアーモンドをすり潰して黒糖と塩でちょっぴり味付けしたペーストです。パンにつける他、蒸かしたさつま芋などにも美味しく、ちょっとこってりしたものが食べたいときのおやつになります。生アーモンドのミルキーな味わいが他にはない味わいです。  

生アーモンドバター 120g  \800

3

椿オイルも冬にかかせないアイテムの一つ。

乾燥しがちな肌や髪、マッサージオイルに使います。ラベンダーのエッセンシャルオイルでほんのりラベンダーの香り。使うたびに癒されます。

椿オイル 100ml  \1500

にしいけマルシェ

●日時:11/15(日)10:00~14:00位

●場所:エコマルシェ    (下記住所を参考いただくか、こちらのリンクで確認ください→http://bit.ly/1kp5YnB) 皆様のご来店お待ちしております!

| | コメント (0)

2015年11月12日 (木)

11/15にしいけマルシェおすすめ商品のご紹介②

インドアメリカン貿易商会のマサラチャイ

Chay_0021

インドのスパイスミルクティー、チャイ。

家で飲みたいけど、なんか作るの大変そ~、お店のみたいに美味しく作れない、って思ってませんか。

Chay_0031

大丈夫です!

このインドアメリカン貿易商会さんのマサラチャイを使えば、手軽に、自宅であの美味しさのチャイが作れます!

Chay_0051

上質なアッサム茶葉にスパイスのパウダーとホールがごろごろ入っています。

これを湯で煮たて、牛乳で煮ればできあがり!

02_2

スパイス屋さんのチャイなので、スパイスがとても効いてます。

体が温まりますので、これからの季節はとても重宝します。

朝の一杯に、お仕事の合間に、ホット一息どうぞ。

インドアメリカン貿易商会のマサラチャイ100g \1000(約30杯分)

にしいけマルシェ

●日時:11/15(日)10:00~14:00位

●場所:エコマルシェ    (下記住所を参考いただくか、こちらのリンクで確認ください→http://bit.ly/1kp5YnB) 皆様のご来店お待ちしております!

| | コメント (0)

2015年11月11日 (水)

11/15にしいけマルシェおすすめ商品のご紹介①

北海道ブランジェアンジュさんのシュトーレン

03

エコマルシェは美味しい野菜と果物の他に、季節のおすすめ商品も販売致します。

今までの数多くの商品の中から、生き残ってきた?人気の商品ばかりです。

02

この季節の風物詩になったシュトーレン。

ドイツのクリスマスのお菓子ですが、日本のパン屋さんでもそれぞれオリジナルのシュトーレンが販売されています。

縁あって、知り合った北海道のブーランジェリー「ブランジェアンジュ」さんのシュトーレンを毎年扱わせて頂いてます。

北海道産の小麦粉やバター、卵など地元の食材を活かしたパン作りをしており、シュトーレンには網走産のマタタビが使われています。中にはドライフルーツ、ナッツが入っており、粉糖で包まれ、熟成したパン生地特有のホロリとした食感が、菓子とはまた違った食感が楽しめます。

個人的には、あまり白い砂糖がこってり、というお菓子は得意ではないのですが、なぜかブランジェアンジュさんのシュトーレンはいけてしまうのです。

クリスマスというより、年末の忙しいさなか、この魅惑的なお菓子はホットしたひと時に嬉しいです。毎年、クリスマス前には食べきってしまいます。

ぜひお試しください!

S_01

ブランジェアンジュのシュトーレン ¥1400

にしいけマルシェ

●日時:11/15(日)10:00~14:00位

●場所:エコマルシェ    (下記住所を参考いただくか、こちらのリンクで確認ください→http://bit.ly/1kp5YnB) 皆様のご来店お待ちしております!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧