« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

京都の旅~食は一期一会なり~1

  S_1006_25_2

6月中旬、京都に旅行に行ってきました。

(上は国宝茶室「待庵」にて、半身半立中)

今回は従兄姉夫婦と一緒で、農家さん、業者さんなしのプライベートな旅。茶の道に目覚めてしまった店長のため、茶室と寺と京の食巡りでした。花より団子の私(akko)は「食」をテーマにレポートさせて頂きます。

S_1006_7

高速バスに揺られ、京都に朝6時に到着。モーニングと言えば「イノダコーヒーの京の朝食」でしょ!というわけで、7時の開店とほぼ同時にイノダコーヒーへ。

が、店内はすでにいっぱい!さすが観光地です。

S_1006_1

肉好き店長はビーフカツサンド¥1680。和牛を使っているためか柔らかくジューシー。パンに染みるソースがまたおいしい。

S_1006_3 

アメリカンが好きな従兄はパストラミビーフセット。

S_1006_2

ヘルシーな私は京野菜のサラダセット。高速バスに揺られた体にサラダの瑞々しさがうれしいです。セットものはパンがついてきます。

S_1006_6

店長はビーフカツサンドだけでは足りなかったらしく、

S_1006_4_2

  フレンチトーストを追加。

S_1006_5

これは、フレンチトーストというより、シュガートーストだよ。

S_1006_54_2

旅の食は一期一会、だからって食べすぎは禁物ですよ・・。

先斗町「石原」さんにて粋な掛け軸。

by akko

| | コメント (0)

2010年6月28日 (月)

審査終了

先日の日曜日、6-8級の審査を無事終えました。

今回はO澤さん審査の「受け」だったのですが、途中で仕手もやることになりました。

それは審査3日前の宣告でした。

本来なら、仕手受けで練習するものなので、びっくりすることではないのですが、やはり、どうしても本番でやる「仕手」だけの練習に偏っていたため、青ざめてしまいました。

せめて当日の宣告でなかっただけよかった・・。

O澤さんはえらいので、次の稽古のときにはきちんと覚えてきてくれました。

おかげで無事審査終了。しかも、技についてはコメントなしってすごい!

私は注意されちゃいましたが。

今回は、逆の立場の審査で大変勉強になりました。

①今まで、経験が短いから出来ないんだ、と勝手に思っていたことも、O澤さんは

「こうですか?」と言ってクルリとやってくれました。(by(二)の技)

あ~ちょっとジェラシーと溜息。素晴らしいよ!O澤さん!

②黒帯の人とばかり稽古していたので、皆さん受けが上手なので技が出来たような気になっていました。全然出来てない~~~!

③今回も、やっぱりエンジンがかかるのが遅かった・・。それを見透かしたかのような3日前の宣告。最後に先生にアクセル全開で踏まれました。

④合気道は1人の力じゃできないって痛感!パートナーとの呼吸も、道場のみんなとの呼吸もすごく大きい。周囲の励ましと協力があって乗り切ることができました。

う~先輩方ありがとうございます(涙)

合気道やって良かったと思えた今回の審査でした。

by akko

| | コメント (2)

2010年6月12日 (土)

基本動作&審査稽古

久しぶりの稽古でした。

一度空っぽになった体を久しぶりに動かすと、体のクセがよくわかります。

肩がこる・・。慣れって怖い。

合気道は型稽古ですが、体の使い方は日常のクセがそのまま投影されますので、普段の体のクセがよくわかります。(顎が前に出てるとか)

合気道を始めて、姿勢がよくなったとよく言われますが、その代わり肩が異常に発達してきました。う~ん、早く上半身の力が抜けるようになりたい。このままでは肩がとんでもないところまでいってしまう!

今日の基本動作は膝を柔らかく使う、というのがポイントでした。

後半は審査稽古。模擬審査をして頂きました。

「型はできてるから、あとは元気よく、きびきびと」というのが先輩方のご指摘でした。

明日は腹から声出すぞ、押忍!

by akko

| | コメント (0)

空手再入門

S_p1040840

初めて極真空手の道場に入門したのは、今から約20年弱前

池袋の総本部道場

亡き大山倍達総裁がまだまだ壮健でおられたとき。

24~27歳くらいの時は試合にも結構出させてもらって一生懸命だった時期もあったが、一旦やめてしまった。

最近は茶道とヨガをやっていてどちらも一生続ける価値のあるものだ、と思っている。

しか~し、何か足りんっ!

やっぱり極真で黒帯をとらなきゃ、末期においても寝つきが悪いぞ、こりゃ。

ちゅーことで、40歳を目前に控えた今、勇気を出して再入門。

ところは、飯田橋にある「新極真会・総本部道場

この道場は、かつて少し通っていたところ。

生涯の師匠、亡き伊師徳淳先生の想いが詰まっているところ。

まずは今週木曜日の稽古に顔を出し、錆びつき、軸がぶれた体を何とか動かす。

あ~、なんか久々の全身運動。体から悪い汗が出た感じ。

翌日からは全身筋肉痛。しかし、この痛みがあることが何とも嬉しい。細胞が再生していくのだ。

黒帯までの道は遠いが、まず無理せずにとにかく続けようっと

by店長

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

フラワーエッセンスカウンセリング受けてみました2

セレンフローラさんにカウンセリングを受けて2ヶ月。昨日セッションを受けてきました。

もう3回目なんですが、

1回目は色々自分の悩みを考えて行き(?)、ぶちまけてスッキリし、

2回目は、妙に落ち込んでいたのを訴え、

昨日の3回目、

「前回はこんなこと悩んでたんだよ~どう?」

と見せてもらったら、自分とは思えない人物像が浮かび上がっていました。

「えっ、あたし、こんなこと言ってた?」

「う~ん、なんか最悪だったみたいだけど・・」

果たして、フラワーエッセンスが効いてるのか?すごい!

今回はついに悩みもなくなり、

「気力はあるが体力が続かない」

と老人みたいなことを言ってしまいました。

「ありますよ、いいのが」

って、そんなのもフラワーエッセンスで治るのか!?

今回は勢いづいて、前にも増してガブガブ飲んでます。楽しみだなぁ。

by akko

| | コメント (0)

2010年6月 5日 (土)

若大将50年!

S__1

行ってきました!

加山雄三デビュー50周年アリーナコンサートin日本武道館

何を隠そう、というか隠す必要はないが、昔から加山雄三のファンでして

しかしうかつなことに、コンサートの開催を知ったのが遅く、取れたのは立見席

S_

立見にも、席番号あるんだ~知らなかった

御年73才になる若大将

とてもそんな歳に見えない! 驚愕だ

コンサートは2部構成。1部は加山雄三がソロで、主に映画若大将シリーズのヒットソングを18曲熱唱。私も思わず一緒に熱唱

2部のゲストがすごい。

THE ALFEE、森山良子、南こうせつ、谷村新司、さだまさし、ときたもんだ

そして加山雄三と彼らが組んだユニット「ザ・ヤンチャーズ」の新曲

「座・ロンリーハーツ親父バンド」

この曲をアリーナ満員の1万人が総立ちで全員熱唱し終了

加山雄三も最後は感極まっていた

感動した、元気もらったな~

先週、「若大将50年!」というアルバムが発売になって、もちろん買って聞き込んでいたけど、いいアルバムだわ

その中でもやっぱり「座・ロンリーハーツ親父バンド」は温かくて、楽しくて切なくていい曲だ。さすが作詞さだまさし。

う~ん、また映画の若大将シリーズを見直したくなってきたぞ

まずはエレキの若大将

あ、ちなみに加山雄三に興味ある人、6月6日か7日あたりのNHKのラジオ深夜便で2夜インタビュー番組がありますよ。必聴です。

by店長

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

茶会 ~根津美術館

ちょいと前、5月23日のことですが、、、

S_100523_4

東京青山の根津美術館で茶会が催されたので、お客として参加してきました

S_100523_7

この日は朝からかなりの雨。

さすがに着物は着れない、袴がびしょびしょになってしまうので、スーツで参じる

S_100523_2

雨がいかに降ろうが、茶会は「待つ」ことにほとんどの時間が費やされるといっても過言ではない。根津の庭には茶室が4室ある。9時半に根津入りし、15時の終わりまでに入れた茶室は3つ。

それぞれの茶室での手前はだいたい30分。そして茶室に入るまでに、ひたすら立ち尽くして待つ時間は短くて1時間くらい、長ければ2時間、、、やってられんわ~と思うが、そういうものらしい

1室目に並び始めたとき、すでに前には25人くらい、そしてあれよあれよと後ろには30人以上はとぐろを巻いている。部屋に入れる人数は部屋の広さによって変るが、今回のところは15人前後といったところ。

S_100523_5_2

雨は難渋するが、雨の降る根津の庭園、これもなかなか趣きがあって、渋い。

青山という地に、こんなすごい森というか庭園があるのには驚嘆する。まだ2回しか訪れていないが、一見の価値ありです。

S_100523_1

庭園の池にはカキツバタの群生

S_100523_11

写真ではとうてい表せないが、このカキツバタの群青の色はすばらしい

S_100523_3

ちょうど根津美術館では「国宝燕子花図屏風」の展示会が最終日。

尾形光琳を始め、琳派の絵は初めて生で見た。やはり上の写真にもある、光琳の燕子花図屏風は圧巻だ。

朝から夕方まで、飯も食わず(抹茶と菓子は食べたが)ほぼずっと立ち通しで根津美術館と庭園を満喫。

幸いにもずっと先生と2人で回ったので、ほんと勉強になりました。

次の茶会は秋だ。どうやら秋の茶会では私も手前デビューさせてもらえるようです。

稽古しよ

by店長

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

正面打ち

今日は「とことん正面打ちにこだわるっ」の稽古でした。

基本なんですけど、これって意外にできないんですよね。

真っ直ぐ打ってるつもりが横にそれてたり、届いていなかったり。

届いていないと、先生が受けてもくれない!くやしいっ!

入り身や、小手返しの正面打ちや、最後は自由技の誘いの正面打ちまで。

久しぶりにやった自由技は全く覚えていませんでした。ハハハ・・。

「正面を打つ」

ただこれだけのことがなんて難しいのでしょう。

一つ一つ、同じことの繰り返しですが丁寧にやっていく他ないということが身に染みます。

しかし、

初めて帯を忘れちまっただよぉぉぉ。

ちょうど、先日の大掃除で

「白帯捨てちゃおうか」

などど、言ってゴミ袋に入れた祟りですわ。

すぐさま家に帰って救い出し、元のポジションに戻しました。

白帯ちゃんごめんよ~

by  akko

| | コメント (2)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »