« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月23日 (日)

千成の花びら餅

Imgp6644

おいしかった~

餡と白味噌の加減、ごぼうの香り、すばらしいです。いつか自分で茶会が開催できる日がきたら、ここのを使わせていただきたい。

千成さんは定期的に巡回しよう。あの、柔和な店主の笑顔も魅力のひとつ。

by店長

| | コメント (0)

2011年1月21日 (金)

外食week

珍しいことに、ここ1週間「外食率」が多い。

先週のサルキッチンに始まり

エコマルが定休日の月曜は、新井薬師の名靴屋マシモに行った折、ごく近くに噂に聞いていた「菊そば」があったので、迷うことなく

「親子丼」

Photo

うまかった。半熟具合、甘みの効いたダシ、鶏肉の心地よい食感。掃除の行きとどいた店内、地域に根付いている名店ですね。

水曜は、数年ぶりにファミレス、ロイホへ。

野菜のグリルを注文。使われている野菜は、トマト、ナス、ベビーコーンなど、最近ではとんと御無沙汰だった夏野菜オンパレード。

う~ん、夏野菜か~、来るところ間違えたか。いや、社会勉強だ。

木曜は目白のとんかつ屋「おさむ」へ。

Osamu

ここは、かしこのブログで見てからずっと気になっていた。

すばらしい、コストパフォーマンス。雰囲気も味も最高だ。

ロースかつ100g定食、カキフライ1個、カレー1杯、たらふく食って1300円くらい。

揚げ物にはとんと弱くなったのだが、これだけ食べても胃がムカッとしない。これはすごいことだ。

ついでに、おさむの近くの和菓子屋「千成」、ここの花びら餅は絶品と聞いていたので寄ってみたら予約制とのこと。すかさず予約、明日が楽しみだ。

by店長

| | コメント (0)

2011年1月13日 (木)

ノンナ&シディショップ訪問

P10508431

以前扱わせて頂いていた、ノンナ&シディさんのアンテナショップに行ってきました。

恵比寿と代官山の間のおしゃれな場所。

P10508181

中ではノンナさんの商品がずらりと並び、試食ができたり、コーヒー(有料)を頂いたりできます。

P10508321

今回の目的はチョコレート。ノンナさんの扱うDOMORIというイタリアのチョコレートは世界で0.01%しかないクリオーロ種という貴重なカカオを使っています。とにかく非常にピュア。毎年バレンタインの時期になると、みなさんにご紹介したいな、と思い足を運んでみました。

P10508221

P10508311

新しい商品も入っていました。

家で試食してみました。

1101_41

こ、濃い~~~

1101_101

これは、薬の域に達しています。処方を出して販売しないとマズイ感じ。店に来る普通のおばあちゃんに間違って売ったら大変なことになるな・・。

今回も販売を断念。チョコレートを専門に販売しているところにまかせよう。

DOMORIのチョコは新宿伊勢丹の「サロンドショコラ」で出店しますので、興味のある方はそちらに足を運んでみてください。というか、それくらいマニアックなチョコレートです。

| | コメント (0)

2011年1月10日 (月)

宇宙戦艦もとい、SPACE BATTLE SHIP ヤマト

確か7歳の時に、劇場版「宇宙戦艦ヤマト」を観て以来、「さらば~」、「~永遠に」、「完結編」、「復活編」はすべて観た。

それがキムタク主演で実写化、少々の不安はあったがフリークとしては見ずにはおれまい。

で、今日ようやく劇場へ足を運んだ。祝日とはいえさすがに公開から1カ月以上、客の入りは2割くらいか。

もろもろの不満はある。

第一艦橋が小さすぎる!

デスラーはなんであんななの?

初起動時の発進があまりにもあっけない、、、

ヤマト自体の存在感がなんか薄い

etc

あとやや不安に感じていた、高島礼子の佐渡先生はそんなに違和感はなく、攻撃的な森雪の黒木メイサも観ているうちに慣れた。

キムタクは何をやってもキムタクだ。

個人的には柳葉敏郎の真田さんははまっていたな~と。

俳優の皆さんの熱演は十分伝わり、最後はウルッときてしまいました。

中味は、最初のヤマトと、2作目となぜか「マクロスF」、「トロン」を混ぜたような、そんな個人的感想。それでも、前回の「復活編」よりは後味よかった作品でした。

そして今、無性に過去のヤマトが観たくなった。特に1作目と2作目。

とりあえず、ささきいさおの「真っ赤なスカーフ」をYOUTUBEで聞いて、その気持ちを抑えた。

by店長

| | コメント (0)

2011年1月 9日 (日)

茶道新年初稽古

本日、新年の初稽古に行ってきた。

もう入門して丸2年経つか~、あんまり上達していない、ひたすら薄茶の平点前。しかし、今年は自宅でしっかり自主稽古して、なんとか濃茶の稽古もさせてもらえるようにしよう。

本来は成人式あたりで、社中全体の初釜が催されるのだけど、今年は先生のお宅兼稽古場が建て直し中のため、お休み。ちょいと残念だが、しょうがないことだ。

Imgp0830

花は、ロウバイ、水仙、椿(初嵐)。すべて先生の庭から持ってきたもの。

あ~、うちの庭も手入れしないと!

店長

| | コメント (0)

2011年1月 7日 (金)

柾のお正月料理

P10508121

出汁取り教室でお世話になっている「柾」さんにお正月料理を食べに行ってきました。

2011年 新春「御献立」より

P10508101

凌ぎ 雪したふきのとう

もっちり、柔らかいご飯を掻き分けると、中に苦~い蕗の薹味噌がちょっぴり隠れています。この蕗の薹が苦いの、なんのって。でも、このちょっぴりがじ~んと新春を体に感じさせてくれるのです。う~ん、粋な演出。

この蕗の薹は秋田のマタギ河田さん(店長の友人)に採取してもらったそうで、河田さんの負けず嫌い加減が見え隠れします。(どうやって採取したのだろうか)

P10508111

昆布清まし

利尻昆布の「清まし」としか言いようのない、きれいで強い味。昆布茶ですよ。昆布茶と違うのは、これで酒が飲めるところ。もちろん、出汁取り教室で取る出汁とは全く違います。

この「凌ぎ」についてくるのが「鳳凰美田 芳」という柾さんにしては、甘くてフルーティーな酒。この食前酒的甘い日本酒が、苦い蕗の薹と、甘い昆布清ましと良く合うのです。

P10508131

肴 からすみ

なんと、手作りのからすみ!酒飲みでない私はからすみなんて長崎のお土産でしか食べたことがなく、美味しいと思ったことはないのですが、このねっちり歯にまとわりつく食感、濃縮された味。な、なんじゃこの味は?ここにあわせるのは辛口の酒で、これで酒が飲めないとは言ってられず、ついつい杯がすすみます。

干しもどし数の子

という貴重な一品もあったのですが、写真なし。

数の子というのは塩蔵が当たり前だと思っていたら「干し」というのもあったんですね。戻すのに2週間かかるそうで、大変手間のかかる方法で皿の上にあがってきます。

というか、柾さんに出てくる料理は食べるのは数時間の出来事ですが、どれも数週間、数か月という大変手間と時間をかけたものばかり。また厳選された食材が柾さんの元に届く過程を考えると、それはもう、気の遠くなる時間と確率。このような仕事をしてくださる職人さんが身近にいるというのは大変有り難いことだなぁ、と思います。

P10508151

かぶら蒸し

本当のかぶら蒸しを初めて食べました。これは蕪のスフレなんですね。ふんわり、蕪の甘みと、中の魚の塩味と脂が混じると美味しいですね~

P10508161

赤むつの西京焼き

P10508171

開運雑煮

だいこん、にんじん、と「ん」がたくさんつく野菜が入った雑煮。餅が、家で搗いた餅みたいで美味しかったなぁ。

開運、開運。正月からこんなに丁寧で美味しいものを頂き感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

| | コメント (0)

2011年1月 4日 (火)

稽古始め

月光流の稽古始めは戸山月光流からスタート。ちょうどお店も休みだったので稽古に参加してきました。

稽古納めから一週間。そんなに普段と変わらない稽古の空き具合だが、なんとなく体が重いのは気のせいではない・・。

今日は横面打ち四方投げ(一)、(二)でした。

最後に昨年の12月に初段を受けた、K先輩の黒帯授与。う~ん、今年は昇段審査受けないとなぁ~と軽くプレッシャーです。

by akko

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »