« 茶道新年初稽古 | トップページ | ノンナ&シディショップ訪問 »

2011年1月10日 (月)

宇宙戦艦もとい、SPACE BATTLE SHIP ヤマト

確か7歳の時に、劇場版「宇宙戦艦ヤマト」を観て以来、「さらば~」、「~永遠に」、「完結編」、「復活編」はすべて観た。

それがキムタク主演で実写化、少々の不安はあったがフリークとしては見ずにはおれまい。

で、今日ようやく劇場へ足を運んだ。祝日とはいえさすがに公開から1カ月以上、客の入りは2割くらいか。

もろもろの不満はある。

第一艦橋が小さすぎる!

デスラーはなんであんななの?

初起動時の発進があまりにもあっけない、、、

ヤマト自体の存在感がなんか薄い

etc

あとやや不安に感じていた、高島礼子の佐渡先生はそんなに違和感はなく、攻撃的な森雪の黒木メイサも観ているうちに慣れた。

キムタクは何をやってもキムタクだ。

個人的には柳葉敏郎の真田さんははまっていたな~と。

俳優の皆さんの熱演は十分伝わり、最後はウルッときてしまいました。

中味は、最初のヤマトと、2作目となぜか「マクロスF」、「トロン」を混ぜたような、そんな個人的感想。それでも、前回の「復活編」よりは後味よかった作品でした。

そして今、無性に過去のヤマトが観たくなった。特に1作目と2作目。

とりあえず、ささきいさおの「真っ赤なスカーフ」をYOUTUBEで聞いて、その気持ちを抑えた。

by店長

|

« 茶道新年初稽古 | トップページ | ノンナ&シディショップ訪問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茶道新年初稽古 | トップページ | ノンナ&シディショップ訪問 »