音楽

2010年6月 5日 (土)

若大将50年!

S__1

行ってきました!

加山雄三デビュー50周年アリーナコンサートin日本武道館

何を隠そう、というか隠す必要はないが、昔から加山雄三のファンでして

しかしうかつなことに、コンサートの開催を知ったのが遅く、取れたのは立見席

S_

立見にも、席番号あるんだ~知らなかった

御年73才になる若大将

とてもそんな歳に見えない! 驚愕だ

コンサートは2部構成。1部は加山雄三がソロで、主に映画若大将シリーズのヒットソングを18曲熱唱。私も思わず一緒に熱唱

2部のゲストがすごい。

THE ALFEE、森山良子、南こうせつ、谷村新司、さだまさし、ときたもんだ

そして加山雄三と彼らが組んだユニット「ザ・ヤンチャーズ」の新曲

「座・ロンリーハーツ親父バンド」

この曲をアリーナ満員の1万人が総立ちで全員熱唱し終了

加山雄三も最後は感極まっていた

感動した、元気もらったな~

先週、「若大将50年!」というアルバムが発売になって、もちろん買って聞き込んでいたけど、いいアルバムだわ

その中でもやっぱり「座・ロンリーハーツ親父バンド」は温かくて、楽しくて切なくていい曲だ。さすが作詞さだまさし。

う~ん、また映画の若大将シリーズを見直したくなってきたぞ

まずはエレキの若大将

あ、ちなみに加山雄三に興味ある人、6月6日か7日あたりのNHKのラジオ深夜便で2夜インタビュー番組がありますよ。必聴です。

by店長

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

0-1テスト講習会 ~クリスタルボウルのライブ

0-1テストの講習後、クリスタルボウルのライブにも参加。

クリスタルボウルとはその名の通り、水晶でできた大き目のお椀。水晶を粉末にして型に入れて4000度近い高熱で成型したもの。それを叩き、さすり、なでなでして音を奏でる。

名前は知っていたが、なんか怪しそうなヒーリング療法か?と勝手に思いこみ、近寄らなかったが、今回は講習会とパックだったので、参加してみた。

演奏家の牧野さんが大中小30個以上のボウルを机に並べ、奏ではじめる。

牧野さんのWEBはこちら

ボワ~ン・シャラシャラ・ゴ~ン・シャリシャリ・ホワ~ン~~~キーン

これは聞かないと分からない世界だ。宇宙とか虚空を感じる世界か。クリスタルが読経を奏でているといえばよいのか。

聴衆はみな思い思いに横になったり、目を閉じてうっとりしていたり。私は50分の演奏中、記憶があったのは最初の15分くらい、あとは気持ちよくおやすみさせてもらいました。

クリスタルボウルは美しい倍音の響きを発し、心や体を癒すという。実際、脳波を測定したら、瞑想や深い集中時に現れるアルファ波も増えていたとのこと。

ちなみに「倍音」って何だろう?

「音」にはいろいろな成分がはいっていて、ピアノで「ド」と弾いたときに、人は「ド」であることしかほとんど認識できないが、実は聞こえている「ド」以外にも、影法師のような「ド」の音が在る。それが倍音というらしい。見える世界、見えない世界が表裏一体になっているというのか。自分の理解なので、ちゃんと知りたい人はちゃんと調べて。

余談だが、マヤ暦では自分の誕生日から、自分のもうひとつの名前が分かる。私のその名前は「黄色い倍音の太陽」ということを前から知っていたので、「倍音」という言葉は前から気になっていたところ。

さて、ほとんど眠ってしまい、ろくにライブを聴けなかったので、もう1度しっかり聞いてみようと思い、牧野さんのCD「倍音浴」を早速買った。

部屋を真っ暗にしてヘッドホンで聴く。また眠ってしまった。

いつになったら聴けるんだ。

by店長

| | コメント (0) | トラックバック (0)