マイブーム

2010年11月20日 (土)

豆くう人びと4

1

今日のお題は「黒豆を煮る」

べにや長谷川商店さんでも、「光黒」という種類の今年の新黒豆が入荷しました。

黒豆は大きい方がいい、という風潮がありますが、光黒は小粒ですがみっしりと豆の味が濃く私は好きです。

黒豆の煮方というのも、各家庭で色々ありまして、一般的に広まっているのは関西風の「土井勝方式」だそうです。誰でも柔らかく、つややかに煮ることができるレシピ、ということで発表当初は画期的な煮方だったとか。(70年代?)

なので、今回はその、関西風土井勝方式と、関東風の2通りの煮方を教わりました。

そして、黒豆の余ったときの展開方法として、

1_2

黒豆のゼリー

こちらは赤ワインとレモンが入ることで、「元黒豆」ということが全くわからない爽やかな美味しさ。

乳製品ともよくあい、クリームチーズとあえると絶品だそうです。

黒豆の煮汁をドレッシングに使う等、色々教わりました。

今回で初級編が終了です。また中級編も行こうかな。

料理教室だけでなく、単発でも色々あります。興味のある方はのぞいてみては。

べにや長谷川商店

| | コメント (0)

2010年11月 8日 (月)

豆くう人びと3

11

今日のお題は「ペースト」。

左から前川金時の味噌ペースト、手亡のプレーンペースト、白花豆のクミン入りペースト。

前川金時のコクとアクがにんにく味噌によくあって、どこかの田舎で食べたような味。クミンが入ると異国の風味が漂い、中東風。パンに豆のペーストがあれば満足感が違います。

51

酒粕のシチューと、豆入りポテトサラダ。この時期、酒粕は体が温まっていいですね。牛乳を使わずに、クリーミーさとコクが出ます。

61

甘い煮豆とココナッツミルクのシャーベット。温かいシチューの後は、ひんやりデザート。豆のせいなのか、あまり体に冷えを感じません。

講座は「豆の在来種について」。

最近流行りの、京野菜、江戸野菜などありますが、これらは農水省の管轄ではなく地方ごとに各団体か盛り上げているそうで、在来種の豆も同じ範疇だそうです。

栽培が大変で、全国に流通させようたってそもそも無理なもの。どちらかというと、地方の郷土食とともに、食文化として残していくことが大切なのでは、とのこと。

そうですよ、育成種があってのこその食生活ですから在来種の豆だけがいい、というわけではありません。

しかし、べにやさんのキュートな豆を見たら、

「お豆ってかわい~」と思っちゃいます。

店でも長谷川さんの豆料理の本の販売始めました。

ぜひ、手にとってご覧下さい。きっと豆料理がしたくなります。

by akko

| | コメント (0)

2010年10月22日 (金)

豆くう人びと2

1

べにや長谷川商店の豆料理教室の2回目。

今日のお題は「豆の甘煮」。

でも、このお盆に豆の甘煮らしきものがない!?

豆の甘煮は作りましたが、なんとそのあと、

1_2

サラダにしたり、

1_3

餃子にしたり、

と豆の甘煮3段活用でした。

1_4

サラダがさらに残ったら餃子の具にするということでしたが、これが美味しいのなんのって、この餃子食べるために甘煮を作りたいくらいです。

1_5

紅しぼりの甘煮をトッピングした甘酒プリン。甘煮の煮汁をかけて頂きます。

甘煮の実習だけでなく、豆の概論など講義も充実。

豆のタンパク質含有量の話では、大豆などは肉よりタンパク質含有量が多く

「筋肉を作るなら大豆」

という話だけが頭にこびりついてしまいました。

なんで、店では「大豆大好きキャンペーン」をしています。(「大豆ダイズキ」と呼んで下さい)

1_6

北海道ヒデさんの無肥料栽培大豆¥130/100gを今週いっぱい(在庫限り)一割引きで販売しています。

2009年度産で熟成して味がのってます。戻りもいいですよ。

べにや長谷川商店さんの新豆は12月ごろにそろいそうです。

by akko

| | コメント (0)

2010年10月 8日 (金)

豆くう人びと

101007_0211

べにや長谷川商店さんの主催する「お豆の学校」を受講してきました。

今回は基本コースの第一回目。お豆を煮ること、豆の知識などを学びます。

献立は、豆(3種類)ご飯、黒千石の納豆あえ、ごぼうのきんぴら入り豆コロッケ、花豆の練り胡麻あえ、具だくさん味噌汁。

べにや長谷川商店さんは、北海道産の在来種の豆を扱う問屋さんで、料理教室やイベントを開催してその普及に努めています。

エコマルでも豆は扱っていたのですが、本格的に習ったことがなかったので参加することになりました。

豆の料理なんて習うもの?と思うでしょ。でもこれが、超面白かったの。

豆って甘く煮ることが多いですが、おかずにもなるし、なんたって日本の郷土食の根幹となる食材。料理法もさることながら、日本の郷土食まで話が広がり、「豆」をとりまく新たな可能性に目からウロコがぽろぽろ落ちた時間でした。

101007_0251

はったい粉と黒糖を使う九州の郷土菓子を長谷川商店風にアレンジしたお菓子。長谷川さんは、地方のおばちゃんの作る郷土料理、菓子を「おかん料理」と呼ぶ。いいねぇ、この世界感。私も共感するところです。このお菓子なんて、まるでヨーロッパの濃厚なドライフルーツケーキを思わせ、和の食材でこんなにイケルところに感動しました。

101007_0221_2

ぬか漬けもパプリカだとおしゃれですね。

しかも、豆の料理はとてもお腹いっぱいになります。これからは肉より豆ですよ(?)。

こんなべにや長谷川商店イズムに触れたい方は、イベントがありますので、参加されてみては。

10月23日(土)~24日(日)

アースガーデン秋にて「ばたばた焼き」の販売

お豆サロン「アートフォーラム あざみ野」

ブラウンライスカフェ ホールフーズマーケットにて豆パンの販売

詳しくはこちら「べにや長谷川商店

by akko

| | コメント (0)

2010年4月14日 (水)

フラワーエッセンスカウンセリングを受けてみました

バッチフラワーレメディーの勉強をしている友達がいて、進級するのにモニターが必要だという。

勉強と言っても、ブラッシュアップのためで、実際は開業しているからプロなのだ。

え~やるやる~!

というわけで、初めてフラワーエッセンスというものに触れてきました。

フラワーエッセンスは、花の波動水で、服用することによって、心のネガティブな部分に働きかけて良い方向へ導くというもの。精神的なことで悩みがある人にいいみたい。

実際カウンセリングを受ける前に

「悩みある?」

「ない、考えとく・・」

と、何を悩んでいるのか悩んでから行きました。

でも、これじゃ友達のレポートにならない!と思っていましたが、やはりカウンセリングのプロ。なんだか、知らないうちに心の内を話していました。

そうしたら、妙に心がスッキリ!フラワーエッセンスを飲む前からネガティブな部分は消し飛んでしまいました(ような気がする)。

いいのか?これで、モニターになるのか?

フラワーエッセンスより、カウンセリングが効いてるのではないだろうか。

3ヶ月くらい試すので、その効果は後ほど。

今日もお茶に入れて飲んでます。

by akko

| | コメント (0)

2009年7月 1日 (水)

カエルの最中皮

S_p1020536

ふらりとお店に寄って、いつも、ちょっと気になる情報を教えてくれるM氏。

中野坂上に最中皮の専門店があるそうで、カエル型の最中皮を頂いちゃいました。

もうバキュンだよ~、なんて可愛いのぉ~

早速アイスを挟んで頂きました。

食べるのもったいな~い。

ありがとうございます!

S_p1020535

by akko

| | コメント (0)

2009年4月23日 (木)

Oーリングテスト講習会

先日店長と「驚異のO-リングテスト医学」特別講習会に参加してきました。

「O-リング」ってちらりとでも聞いたことありませんか?

「O-リング」というのは、指で作った輪が開きやすいか、開きにくいかで、病気の有無や、その人の体にあったものか、というのが分かるという画期的なシステム。

整体や鍼灸に行ったことのある方なら目にする機会も多いはず。結構東洋医学系には取り入れられています。最近では西洋医学の方でも取り入れている医療機関も少々あります。

※参考までに「Oリングテスト協会のWEB

そんな、占いみたいな方法あてになるの?と思いますが、手の指というのは脳の判断を精密に具現化できる部位で、脳の働きと直結しており、「全身の計器」として利用できる、というもの。それを科学的根拠と実験によって長年研究してきたのがNY在住の創始者大村恵昭教授。

その大村教授直々の講演とあって店長と鼻息荒く、参加してまいりました。

なにしろ、これまでは医療関係者以外はシャットアウトで、一般講演は長いことなかったそうです。

昨年にはこういう優しげ~な本も出版されておりました。

広く一般の人にも役立てて欲しいという願いからかもしれません。

というわけで講演。

英語の表題がついていましたが、要約すると、

「抗加齢、抗ガン、抗アルツハイマーで健康長寿。正しいO-リングテストのやり方と最新医学情報」

2時間の講演で最初の1時間は「最新医学情報」の講演で英語ばっかりのスライド。

遺伝子の先についている「テルミア」という存在がアンチエイジングのポイントでテルミアのポイントを上げるほど健康になるというもの。

米国ではこの「テロメア」なる物質のポイントを上げるサプリが大流行らしいです。食品でも可能で、バナナとりんごがおすすめだとか。

また衣服も重要で、「テロメア」のポイントを下げるもの、化繊のものなどは身に着けない方がいいそう。

これがちょうどエコマル通信5月号のネタと合致していて、いえぇ~い、という感じ。

後半1時間は実戦で、正しいO-リングのやり方。

今まで本気でやったことなかったのですが、改めてやってみると意外にできる!

「やだ、これヒラクよ」「これ強いよ」とその場にあったものを手当たり次第店長とO-リング。

ついには壇上に置いてあった携帯の電磁波をカットできるという銀色の変なシールもこっそりO-リング。

「うっ、これ超強い」

結果は2人とも◎。バッタものと思っていたオススメの銀のシールも恥かしながら、挙手して購入してしまいました。

このシール、「ニュートラライザー」という代物。

興味ある方はこちら(Oリングテスト協会のWEB)

あと何とも奇遇なことに、この講演会場で、敬愛する北海道の自然食品店「まほろば」の宮下夫妻に遭遇!

「あのシール、結構いいかもね」

という言葉に気をよくし、家に帰ってからも2人で手当たり次第O-リング。

あってるのかいな、ホンマに。

でもこれってできると大変便利。

指さえあればどこでもできる。そのためには感性を磨いでおかないとね。

できるようになると一人でもできるそうです。

目指せ一人O-リング!

by あっこ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

東京新聞 LOVE

1月より取りはじめた「東京新聞」の抽選に当たって歌舞伎のチケットをゲット!

「東京新聞」LOVEです。誌面も面白い。

昨年12月まで「朝日」でしたが、読み比べをしたところ、朝日の誌面広告の多さにびっくり!

1/3は広告ということに気付いてしまった。しかも一面広告がやたら多い。折込チラシも多くて、土曜のチラシの多さはハンパない。なんだかゴミを増やしているようで止めてしまいました。

東京新聞ときたら、誌面広告は狭く、折込チラシはとても少ない。入ってくるのは区報とデニーズのチラシくらい(近所にデニーズはないのになぜだ?)。

しかも、朝刊の四コマ漫画はカラーのちびまるこちゃん、小説は五木寛之の「親鸞」。連載陣が豪華です。朝からワクワクな連載と、適度な薄さが読む気になって、新聞を読むようになりました。コメントも結構辛らつで面白いです。

配達の方はご年配のおじさんで、「東京新聞いいですね~」と言ったらとても喜んでいました。今どき、集金で血の通った温かい付き合いがあります。

朝日のときは、学生さんでしたが、一度も私の顔を見ませんでした(怖かったのだろうか)。新聞の営業もしていないというのも好感。新聞の営業ってなんか強引であまり好きでないのです。

しかも、チケットプレゼントによく当たる!(購読者が少ないからでしょうか)

歌舞伎だけでなくあの映画の試写会も当たりました!フフフ。

by あっこ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

卵焼き鍋買いました

S_p1000716

念願の銅製です。

今までフライパンで作っていましたが、やっぱり関東風厚焼き卵が作りたくて購入。早速トライ。

S_p1000717

ひょえ~難しい~。ごまかすために半分に切ってしまいました。いつかくるくると巻いた、トラ色の焦げ目のついた厚焼き卵をアップしたいと思います。ひたすら練習じゃ~い。

ついでに今日のご飯。

S_p1000735

ヒデさんの小麦粉で作った餃子。具は最近ハマっているアリサンの「ジャックの豆ミート」。キャベツと干し椎茸、昨日畑で採れた生姜にねぎでベジ餃子。カリっと焼けてベラうまいっす。皮がおいしいと、肉じゃなくてもいけてます。

S_p1000725

清水さんの人参の味見を兼ねてナムル。この季節はオリーブオイルでサラダにするより、胡麻油がしっくりきます。この人参、最初は小ささにたまげましたが、味は濃くて甘いです。丸ごとオーブンで焼いたり、ぬか漬けにしてもおいしそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

アップルタルトを作ってみました

S_081005_7

きんからげつベーカリーで買ってきた「ベジスイーツ」に触発され、まちにまった週末の全粒粉の「タルト作り」。

「アップルタルト」はレシピにはなかったので、タルト生地だけ参考にして、煮た紅玉をのっけて焼きました。フィリングと、タルト生地の分量が合ってないのでスカッとしてしまいました。見た目もかなり素朴ですが材料がいいおかげで、かなりおいしいです。これにハンギングヨーグルトを添えて頂ました。

タルト生地はサックサク。いいかげんな私が作ってもうまくできました。いい本です、これ。次は何作ろうかなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧